スポンサーリンク

スポンサーリンク

旅行しながら仕事をするなら何がある?おすすめ6選を紹介

ビジネス
スポンサーリンク

旅行をするのが好きな人もいるはずです。

旅行に行くと自分が今まで見たことのない景色や環境を見ることができ、新鮮な気持ちになりますね。

旅行に行くと良い気分転換になるので、できれば頻繁に行きたいかもしれませんが、旅行には費用がかかり、仕事もしなければならないので、難しいところです。

しかし、仕事によっては旅行をしながらビジネスを行うことができ、収入を得ることができます。

どのような仕事であれば旅行しながらビジネスが行えるのか紹介しましょう。

旅行しながらできる仕事は何があるの?

「旅行しながら行える仕事には何があるのか?」と旅行好きな人は気になりますね。

旅行関係の仕事について紹介していきましょう。

旅行ツアーコンダクター

旅行ツアーのコンダクターは旅行会社からツアーの司会者として、応募してきた観光客を連れて観光に行きます。

計画された場所に観光客を連れて行き、範囲は国内から国外まであります。

仕事としていくので、観光客に観光エリアの説明や自由時間の指定、食事の時間制限など、いろいろなことをしなければいけませんが、様々な場所を自分も仕事をしながら飛び回ることができるので、旅行が好きな人は天職かもしれません。

旅行ツアーコンダクターになるためには、旅程管理主任者の総合旅程管理主任者の資格が必要になります。

客室乗務員

客室乗務員は飛行機の中でお客様のお世話をする仕事ですね

客室乗務員になれば、飛行機で国内から国外まで飛び回ることができるので、観光ツアーコンダクターと同じく、いろいろな場所に行くことができます。

客室乗務員になるためには英語力や身体条件など様々なハードルが高いですが、客室乗務員になれれば給与も安定しており、旅行を楽しむことができる職業です。

外交官

外交官は外務省の職員であり、外国に行き日本大使館で仕事をすることになります。

外交官は国家公務員なので、国家試験に合格しなければいけませんし、政治の部分にも精通しておく必要があるので法学の知識、また英語のスキルも高さが求められます。

外交官になれば海外に行くことは可能ですが、責任も重く、「なりたい」と思ってなれる職業でもないので、外交官になるためにはかなりの努力が必要だと言えるでしょう。

自由に旅行をしながらできる仕事6選

海外や国内を旅行しながら行える仕事に就けば、仕事をしながら収入も得ることができますが、旅行関係の仕事はハードルも高くなっているので、「就きたい」と思っても仕事に就くことができるのは未知数です。

また、たとえ就けたとしても上司や会社の方針に基づいて仕事を行うので、自分が自由に動き回ることもできません。

そのため、旅行しながらできる仕事はフリーでも行える仕事をおすすめします。

どのような仕事であればフリーで働くことができるのか紹介していきましょう。

ライター

ライターは旅行をしながら誰もができる仕事です。

ライターにもいろいろな仕事がありますが、アフェリエイトをしている人であれば、ネットが繋がっていれば自分のブログにアクセスして記事作成の仕事をすることができます。

アフェリエイトは広告収入によるお金を稼ぐことができ、月に何十万円も稼いでいるなら、各地を旅行しながら仕事を行うことは十分可能です。

また、自分の作成した記事を企業などに売り込むに行き、記事を買取ってもらうことも可能です。

自分の執筆した記事が企業のコンセプトや流行しているものであれば、高い値段で買取ってもらうことができるので、1つの記事で大きな収入を得ることもできます。

カメラマン

カメラマンも旅行をしながらできる仕事です。

カメラマンなら写真を撮ることが仕事であり、風景を撮るなら各地の名所と言われるポイントで写真を撮り売ることで収入を得ることができます。

ネットからでも写真を売ることはできますが、企業や会社の写真を売り込む方が高く写真を買取ってもらうことができますし、写真としてのスキルが高ければ専属として雇ってもらうこともできます。

旅行しながら仕事をするフリーカメラマンは、スキルがないと収入を確保することが難しいですが、旅行しながら写真を撮るのが好きなら仕事として選んでみることもできます。

フリーエンジニア

エンジニアとしてホームページ作成やアプリの開発などの技術があるなら、その技術を生かしてフリーエンジニアとして活動することができます。

フリーエンジニアもネットがあれば、どこでも開発することができるので、海外に住んで行うことができる仕事です。

実際にフリーエンジニアで海外に住みながら仕事をしている人もおり、物価の安い国なら貯金ができるくらい稼ぐことも可能です。

しかし、フリーエンジニアになるならプログラミングなどの知識が必要であり、ネットの速度なども重要になるので、ネット環境は整えておく必要があります。

自由が効く仕事であり、簡単なプログラミングで言語も仕事にすることができるので、行なってみる価値はあります。

個人投資家

個人投資家として収入を確保する方法もあります。

投資はネットで行うことができ、操作も簡単なため、少しの知識があれば直ぐに行うことができます。

自由に旅行をして収入も得たいなら、FXの投資家として仕事をするのがおすすめです。

FXは投資の金額によって1日で10万円、または100万円を稼ぐこともできます。

短い時間で高額な収入を稼ぐことができますが、FXはハイリスクでもあるので、資金が一気に無くなる可能性もあります。

個人投資家は経験や知識が大事なので、上級者向けの仕事と言えます。

オンライン関係家庭教師

オンライン家庭教師として仕事を行うことも可能です。

オンライン家庭教師はネットとパソコンがあればできる仕事であり、自分の担当する生徒に向けてオンライン上で勉強を教えるだけです。

「学歴が必要では?」と思うかもしれませんが、自分の得意な外国語やプログラミング、またはオンラインカウンセラリングなど、オンライン上で教えることや聞くことができる仕事は全て行うことができます。

オンラインカウンセリングは資格を持っていなくても行えるので、向いていれば収入を定期的に得ることも可能です。

この方法で自由に旅行をしながら収入を得るのも良い方法です。

フリーコンサルタント

フリーコンサルタントは一般のコンサルタントと違い、プロジェクトごとに仕事を受け持つので、仕事の量を調整することができます。

そのため、自分で自由に計画を立てることができるので、旅行をしながら仕事を行うことがしやすい業種です。

しかし、フリーコンサルタントになるには、コンサルタントの経験や知識も必要になるので、実力が必要になります。

コンサルタント会社で仕事をしていた人であれば、フリーのコンサルタントで仕事を行うことができるかもしれませんが、経験がないなら難しいかもしれません。

旅行しながら仕事するためにはフリーが1番

旅行をしながら仕事をしたいならフリーランスで働くのが1番いいです。

フリーであれば自分で自由に計画を立てることができ、自分の思う通りに仕事をしていくことができます。

もちろん、フリーの仕事をするなら収入面を考えなければいけないので、実力が必要になり、先にスキルを培うなど、前もって考えておくことも必要です。

旅行しながら自由に仕事をすることはハードルが高いですが、考えてみる価値はあります。

まとめ

旅行をしながら仕事をしたいなら、フリーで働く必要があり、どの仕事が自分に合っているのか考えてみることも大事です。

自由に仕事ができるのはネットを使用して仕事をするものが多いので、ネットの知識や技術を磨いておくのも良いでしょう。

ぜひ、旅行好きな人は仕事を変えてみること、始めてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました