スポンサーリンク

スポンサーリンク

マッサージの仕事と収入とは?年収を増やすなら開業?

開業
スポンサーリンク

いろいろな仕事が世の中にはありますが、「マッサージ師を目指したい」と思って資格取得などに取り組んでいる人もいるはずです。

ただ、「マッサージに関係した仕事を行うためにはどうすれば良いのか?」、「マッサージの仕事の年収を増やすためにはどうすべきか?」という疑問を考える人もいますね。

マッサージの仕事を成功させるための方法について紹介していきましょう。

マッサージ師になるためには

マッサージ師になりたいなら、どのように行動すればいいのか知る必要があります。

マッサージ師になるための方法について紹介していきましょう。

免許を取得する

マッサージ師になるためには免許を取得する必要があります。

マッサージ師は「あん摩マッサージ指圧師」と言われますが、厚生労働大臣の国家免許となる「あん摩マッサージ指圧師免許」を取得しなければなりません。

「あん摩マッサージ指圧師指圧免許」の試験は誰もが受けることができるわけではなく、受験資格を得る必要があります。

専門学校に通う

受験資格は高校を卒業した後に文部科学大臣、または厚生労働大臣が認定している専門学校に通う必要があります。

この専門学校では専門知識となる人体の構造や機能、また実技や臨床実習を経て国家試験を受けることができるようになるんです。

ちなみに、この専門学校は3〜4年通う必要があります。

専門学校に通い国家試験に合格することができれば、資格を取得となります。

按摩マッサージ指圧師の勤務先は何があるの?

按摩マッサージ指圧師の資格を取得することができれば、マッサージ師として仕事を行うことができます。

あん摩マッサージ指圧師の勤務先は3つほどあります。

マッサージ店

按摩マッサージ指圧師はマッサージ店で働くことが可能です。

マッサージ店では主にお客様の体をほぐして、体の凝りを改善させることや美容効果のためのマッサージを行います。

マッサージを行い、お客様がリラックスすることができるように体をほぐしていくことが目的です。

また、マッサージ店に来たお客様を相手にマッサージを行うこともあれば、自宅やホテルに行きマッサージを行うこともあります。

病院や介護施設

病院の整形外科医やリハビリテーション科、理学療法科でマッサージ師として働くこともできます。

病院で働くなら理学療法士と共に、患者の体のケアを行いながら肩凝りや頭痛やその他の痛みに対してサポートを行っていきます。

また、体の痛みを抑えるために指圧の施術をして、体の負担を取り除くようにケアすることもあります。

デイサービスや介護福祉施設でもマッサージ師を雇うところがあり、その職場では主に機能訓練指導員として、高齢者の体の体調を整えることができるようにケアしていきます。

病院や介護施設では主に患者の体の調子を整えるケアが仕事です。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーとして、マッサージ師を行うこともできます。

スポーツトレーナーの仕事は、スポーツ選手のケガ予防や試合の後のマッサージ、また試合があると同行して試合の前後に体をほぐすためのマッサージを行うことができます。

スポーツトレーナーの場合は専属として契約、または提携しているとマッサージ店から派遣される形でマッサージを行います。

マッサージ師の給与はどのくらい

「マッサージ師の給料はどのくらい?」とマッサージ師の給料について知りたい人もいるはずです。

マッサージ師の給料について年代別に見ていきましょう。

20代の場合

20代の場合の按摩マッサージ指圧師の収入を20〜24歳、25〜29歳で見ていきましょう。

・20〜24歳の場合

月収約18万円,ボーナス約70万円,年収約250〜290万円

・25〜29歳の場合

月収2約3万円,約ボーナス90万円,年収約320〜370万円

となっています。

20代のマッサージ師の場合は年収が250〜370万円ほどであり、月収も18〜23万円の幅になっています。

20代の場合は年収や月収はそこそこもらうことはできますが、年収を400万円までもらおうとするのは難しいかもしれません。

マッサージ師も経験や技術が必要であり、20代の頃はスキルや経験不足とみなされ、平均年収である400万円到達に届かないことを念頭に置いておくのがいいです。

30代の場合

30代の按摩マッサージ指圧師の収入も30〜34歳、35〜39歳で見ていきます。

・30〜34歳の場合

月収約26万円,ボーナス約106万円,年収約320〜420万円

・35〜39歳の場合

月収約27万円,ボーナス約110万円,年収約330〜440万円

となっています。

30代になれない年収は、300万円を超えて平均年収の400万円を超えることが可能かもしれません。

もちろん、個人差はありますが、30代ならマッサージ師としてのスキルも身に付いてくるはずなので、年収400万円を目指して仕事に打ち込むこともできます。

40代の場合

40代の按摩マッサージ指圧師の収入も40〜44歳、45〜50歳で見ていきましょう。

・40〜44歳の場合

月収約30万円,ボーナス約120万円,年収約370〜490万円

・45〜49歳の場合

月収約35万円,ボーナス約140万円,年収約430〜550万円

となっています。

40代になれば年収も400万円を超えることができ、40代後半になれば500万円超えとなって高給取りとなる可能性もあります。

20代のマッサージ師と比較すると年収は2倍近くまで変わってきますね。

年収アップを目指すならマッサージ師として開業もあり

マッサージ師の年収が400万円を超えるのは30代後半からとなるため、「若いときに年収をもっとアップさせたい」と思うなら開業することも1つの方法です。

マッサージ師として、どのように開業準備を進めることができるのか紹介しましょう。

保健所に申請

開業するためには地域の保健所に登録をする必要があります。

マッサージ店は無資格ではなくて資格がなければ開業することができません。

また、マッサージ店は基準を設けられているので、不備がないかしっかり確認してなければならないからです。

そのため、開業準備が整えば保健所に連絡して開業することができるのか、検査をしてもらう必要があります。

内装や備品など全ての準備が整った段階で保健所に連絡してみると良いですよ。

予算の計算

開業時には予算が必要です。

マッサージ店を開業するのであれば、店舗選びから設備の設置、内装準備やレジの設置など、いろいろな準備が必要で費用もかかります。

ざっと内容を合わせると開業時の初期費用は

・店舗選び50〜100万円

・内装100〜200万円

・マッサージの設備の準備50〜100万円

・その他の経費10〜30万円

となるはずです。

そのため、マッサージ店を開業しようと思えば全部で500万円ほどの資金が必要になるはずなので、資金準備をしておきましょう。

開業の場合の年収とは

「マッサージ店を開業すれば年収はどれくらい?」と疑問を抱く人もいるはずですが、マッサージ店で独立すれば年収は500〜800万円ほどになります。

マッサージの開業をしているなら平均年収で600万円ほどであり、中には1000万円を超えている人もいます。

もちろん、あくまで平均年収なので実際に開業してみないと分かりませんが、20〜30代はマッサージ店勤務で平均年収が300〜400万円ほどなので、マッサージのスキルに自信があるなら開業してみるのも良い方法です。

まとめ

マッサージ店で働くことも収入を得るための良い方法ですが、マッサージ店を自分で開業するなら、勤務しているよりもさらに多くの年収を得ることも期待できます。

開業への初期費用は大きくかかりますが、開業してから収入を徐々に得ていくことができれば、1年で初期投資を回収することもできるはずです。

ぜひ、マッサージ店開業を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました