スポンサーリンク

スポンサーリンク

飲食店を開業したいならどうすべき?シェアキッチン利用もおすすめ

開業
スポンサーリンク

「飲食店を開業したい」と考えている人もいるはずです。飲食店を開業するためには、開業するための届出や店舗選び、資金の調達など準備しなければいけないことがたくさんあります。

飲食店を開業することを目標にしている人も多いですが、飲食店の開業を行うための工程やライバルとなる店舗も多いので、気になるのは「資金を投資して成功することができるのか?」という点かもしれません。

そのため、飲食店を開業する前にシェアキッチンを利用することが検討できます。

飲食店開業とシェアキッチンの利用について紹介しましょう。

飲食店開業にかかる費用

飲食店の開業時にかかる費用は以下の準備のときです。

・店舗の契約時

・内装工事や設備の取付

・人材確保

・宣伝費

などです。

特に大きく費用がかかるのは店舗の契約と内装工事や設備投資です。

店舗を賃貸で契約するなら保証金と敷金を支払う必要があり、月家賃の半年分ほどを支払います。そのため、仮に家賃が30万円ほどであれば、180万円ほどの敷金を先に支払う必要があります。

また、内装設備は内外装や暖房機器、キッチンや冷蔵庫などの厨房機器の設置、食器や調理器具などの購入費があります。目安として1坪50万円あたりの費用がかかるとなれば、店舗によりますが15坪で750万円ほどの資金が必要です。

費用の合計を合わせると750万と180万円で930万円の出費となり、1000万円ほどの資金が必要になると計算できます。

飲食店開業の必要な届出とは

飲食店開業に必要な届出は保健所への届出です。飲食店の店舗も契約して設備の設置や内装工事をしても、保健所の許可が下りなければ飲食店の開業ができません。

保健所が検査する点としては

・店舗スペース

・床や壁の材質や清潔さ

・天井の素材

・店内の明るさ

・換気扇の設置

・更衣室

・トイレの衛生環境

・食品や食器の清潔度

・フタ付きのゴミ箱の設置

などです。

清潔感があり、しっかり改装されているなら、保健所の許可は降りるはずですが、準備に時間がかかります。

飲食店開業前にシェアキッチン利用のメリット

飲食店を開業するためには莫大な費用と準備が必要であり、全て整うことができれば、飲食店としてスタートできます。しかし、「飲食店として成功できるのか?」とスタートをしたときに不安を感じることもあるはずです。

そのため、飲食店を開業する前にシェアキッチンを利用してみることも1つの良い方法です。

シェアキッチン利用のメリットは以下の3つです。

直ぐに営業ができる

シェアキッチンを利用するなら、直ぐに営業を始めることができます。シェアキッチンは飲食店開業に必要な衛生検査や消防検査をすでに備えられているので、自分が食品衛生責任者の資格を取得しているなら、調理したものを販売することができます。

飲食店開業で自分で開業届出を準備しなくてもいいので、面倒な手続きをパスすることができます。

保健所の許可も取得しているので、キッチンも清潔感があり、調理器具や厨房設備も整えられているので、自分で準備するのは食材のみになります。

シェアキッチンを利用することで、店頭での販売やネット販売、イベント出店などの営業を行うことができ、「自分の料理は人気が出るのか?」と需要を確認することも可能です。

費用を節約できる

シェアキッチンを利用することで費用を節約することも可能です。

シェアキッチンは調理をして販売するまでの準備が全てされており、きほんはえ月額料金を支払って利用できる仕組みになっています。月額料金は利用する頻度や各シェアキッチンによって違いはありますが、大体1〜3万円台で利用することが可能です。

1ヶ月1〜3万円台なら自分で店舗を借りたり、設備投資をしたりするよりも費用をかなり抑えることができます。飲食店の開業も費用のハードルがぐっと下がります。

また、「1、2日だけ使用したい」という人は1日利用の料金プランもあるので、その料金を支払ってシェアキッチンを利用することも可能です。

開業のサポートを受けられる

シェアキッチンを利用することで飲食店の開業に関してサポートを受けることができます。飲食店を初めて開業するなら商品開発や販路開拓、集客方法や補助金など、自分では分からない点も出てきます。

そのような不安をシェアキッチンを利用することで相談し、理解を深めていくことができます。

また、シェアキッチンによっては定期的に勉強会を開催しており、同じシェアキッチンを利用している人同士で意見交換や商品販売のコラボを企画するなど、開業に関しての経験や知識を得ることも可能です。

飲食店の開業で不安があるなら、シェアキッチンのサポートを受けてみることも検討できます。

シェアキッチンを利用するのも1つの良い方法

飲食店開業前にシェアキッチンを利用することで、開業前の準備をすることができます。飲食店の開業はライバルが多いため、自分が自信のある料理を開発したとしても人気が出るとは限りません。

また、開業前にはいろいろなノウハウや知識を得ていた方が問題の対処もしやすくなります。そのため、シェアキッチンを利用してサポートを受けることや、飲食店開業前の料理の反応を確認しておくと、より安心して開業することができるはずです。

飲食店開業を考えているなら、シェアキッチンの利用も検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました