スポンサーリンク

スポンサーリンク

家事代行サービスとは?家事代行ビジネスの開業方法とは

開業
スポンサーリンク

家事代行サービスというビジネスを聞いたことがあるでしょうか?

家事代行サービスは、毎日忙しく仕事をしていて家事まで手が回らない人たちのために、家事の手伝いをするビジネスです。

仕事を長時間している人が増えているので、家事代行サービスの需要は増えており、「ビジネスを始めたい」と考えているなら家事代行サービスを開業してみるのも1つの方法です。

ただ、「家事代行サービスはどんな仕事内容となっているのか?」、「家事代行サービスの開業方法とは?」などいろいろな疑問点はあるはずです。

家事代行サービスの内容について紹介していきましょう。

家事代行サービスの仕事内容とは

「家事代行サービスは、どのような仕事をするの?」と仕事内容について知りたい人もおられるはずです。

家事代行サービスの仕事の作業について紹介していきましょう。

家事代行サービスの仕事内容は以下の通りになっています。

・部屋の片付け

・掃除機がけやクイックルワイパーがけ

・食器洗いや片付け

・水回りの清掃「キッチンやトイレ、お風呂など)

・窓拭きやバルコニーの掃除

・植物の水やり

・クリーニングの受け渡し

・洗濯やアイロンがけ、収納

・ゴミの分別やゴミ出し

・日用品や食料品などの買い出し

・料理の作り置き

・郵便物の受取り

という作業です。

家事代行サービスで含まれる作業は幅広く、家事に関する作業は全般的に請け負います。

しかし、顧客の要望により、全てのサービスを行う必要はなく、一部のみの負担となることもあるので、顧客の要望に合わせて作業を行なっていきます。

仮に、顧客が買い物や料理の作り置きのみで良いなら、その作業のみを終えれば代行サービスの役割を行なっていることになります。

また、部屋の掃除や片付けなどの作業は行いますが、エアコンや換気扇内部の掃除、レンジフードの掃除などは、専門的な洗剤やスキルが必要になり、「ハウスクリーニング」の仕事になるので、作業の範囲には入りません。

家事代行サービスの仕事は、「基本的な家事の作業範囲内にとどまっている」と思ってください。

家事代行サービスを開業するために必要なこと

「家事代行サービスを開業するためには、開業に必要なことを知っておくことも大事です。

家事代行サービスを開業するためには、開業の手続きは必要なく、設備投資や大きな事務所を用意する必要もないので、開業のために大きな資金は必要はありません。

それでも、開業のための資金や準備は必要になってくるので、紹介していきましょう。

開業資金とは

家事代行サービスを開業するためには、資金づくりを行う必要があります。

開業するために必要なものは主に

・賃貸料

・人件費

・設備機材(事務用品や家事に必要な道具など)

・宣伝費

・その他

などです。

大手の家事代行サービスのように規模を大きくするなら、事務所や宣伝費、人件費は多くなるので、200〜400万円ほどの資金が必要になります。

しかし、「そんな大きな資金を用意することはできない」と思うなら、ネットや個人事業主として開業することがおすすめです。

家事代行サービスをネットで開業するなら、大きな事務所は必要ないので、事務所の維持費にかかる資金は0となり、かなり資金を抑えることができます。

また、自分で家事代行サービスを行なっていく個人事業主であれば人件費も発生しないので、宣伝費と家事に必要な道具代のみの費用で開業が行えます。

宣伝費と道具代なら20〜50万円の費用で抑えることができるはずなので、費用はほとんどかかりません。

大きな資金を用意できなくても、ネットや個人事業主ならば問題ないと言えるでしょう。

開業届けを出す

家事代行サービスを開業するなら特別な手続きを行う必要はありませんが、個人事業主として開業届を税務署から提出することが必要です。

開業届けは特別なものではないので直ぐに出すことができますが、事務所などの住所を確保しておく必要があるので、前もって事務所は選んでおく必要があります。

自分1人で家事代行サービスを行うなら、事務所を自宅に選択することもできるので、開業届けを出す前に住所選びも確認しておくようにしてください。

オプションを付けるなら別の許可も必要

家事代行サービスだけなら特別な許可は必要がありませんが、訪問介護や惣菜の宅配サービスを行う予定であれば、特別な許可を申請する必要があります。

訪問介護を組み込みたいなら、地域の健康福祉課で確認を取る必要があり、惣菜の宅配サービスを組み込むなら、地域の保健所に問い合わせて営業許可の申請を行う必要があります。

また、法人の場合は保険や労災、税金関係でそれぞれの場所に行き申請を行う必要があります。

家事代行サービス以外のサービスを考えているなら、この点は注意するようにしましょう。

料金プランの設定

家事代行サービスを開業した後は料金プランを設定する必要があります。

家事代行サービスの料金プランは個々によって違いはありますが、大体の相場を知っておくなら、料金設定を考えやすくなります。

家事代行サービスの料金設定として

・1時間の利用料金は大体2000円〜3000円程度

・延長の場合は10分あたり500円程度

・鍵の預かり代は0〜1000円

・スタッフ指名料500円

・早朝、深夜割増25%増し

となっています。

家事代行サービスは基本的に2〜3時間で終わるので、1回の仕事で得られる料金は4000〜9000円ほどになります。

延長の要求があれば、10分ごとに500円増やしていくのが基本なので、この料金体制をそのまま採用するのもアリです。

もちろん、自分の仕事量によって料金体制は変更しても良いと思いますが、あまりに相場からかけ離れた金額では顧客を得ることはできないので、注意してください。

集客を行う

開業してからは集客をして顧客に事業を知ってもらう必要があります。

1番主流となってる集客方法はホームページを作成してネットから呼びかけることですが、資金に余裕があるなら広告を作成してポスティングしていくこともできます。

集客方法としてはSNSを利用して、回りの口コミを通して拡散していくことも可能です。

集客することで利用者を増やしていくことが可能であり、事業を成り立たせることができるので、集客方法も考案しておくのが大事です。

家事代行サービスで持っていると良い資格とは

家事代行サービスは基本的に資格は持っていなくても開業できますが、持っていると代行サービスに有利になることがあります。

どのような資格があるのか紹介しましょう。

整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーは部屋の片付けに関する資格です。

1級と2級があり、講座を通じて資格を取得することが可能です。

この資格を持っているなら片付けのやり方も理解することができますし、顧客も片付けに関して一定の基準を持っている人と見てくれるので、代行サービスの利用を依頼しやすくなります。

片付けはやり方を知っていると綺麗に収納できて、顧客を満足させることができるので、持っていると開業にプラスの効果をもたらしてくれるはずです。

栄養士・管理栄養士

栄養士は栄養指導を行うこともできれば、何を食べれば健康を維持できるのかを理解している証明にもなります。

家事代行サービスでは調理を依頼されることが多いので、調理をするときに栄養管理を持っておくと、依頼主からも食事を満足してもらえることが多いです。

特に、仕事で調理まで手が回らずに家事代行サービスを利用する人は多く、その人たちは栄養のある食事をすることも困難なので、家事代行サービスで求めている1つの要求とも言えます。

栄養管理の優れた食事が作れれば、顧客の依頼も増えてくるかもしれません。

まとめ

家事代行サービスを開業しようと思うなら、基本的に面倒な手続きはないので、簡単に開業することができます。

ただ、開業してからどのように仕事を行なって集客をしていくのかが大事なので、その点を思案することも大事です。

それでも、ビジネスを展開しようとしているなら、家事代行サービスは行いやすいので、このビジネスで開業してみるのも1つの方法と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました