スポンサーリンク

スポンサーリンク

アプリ開発のビジネスの内容とは!必要な言語や収益方法とは

ビジネス
スポンサーリンク

今はスマホから何でも行うことができ、スマホ1つで写真を撮ること、メモに情報を記載すること、動画を撮るなどができます。

スマホ1つで動作を行うことができるのはアプリをインストールしているからであり、アプリを使用することでいろいろな機能をスムーズに行い、作業を効率化することができています。

しかし、アプリを使用するためにはアプリを開発する必要があり、「アプリの開発はどのようにしているのか?」と疑問を感じる人もおられるはずです。

アプリ開発のビジネス内容を紹介していきます。

アプリを開発するために必要なスキルとは?

アプリを開発するためにはアプリの種類を考える必要があります。

どのようなスキルが必要なのか種類共に紹介していきましょう。

ウェブアアプリ

ウェブアプリはインターネットのプラウザ上で働くアプリです。

パソコンやスマホで特定のURLにインタネットを通して接続し、アプリから、ウェブサイトの情報を直ぐに見ることができます。

また、SNSで使用するFacebookやTwitterなどもウェブアプリが使用されており、Amazonなどの通販サイトやSkypeなどの通話アプリもウェブアプリで開発されています。

これらのアプリはプログラミング言語で作成することができ、PHPやRuby、JavaScriptの言語で開発することができます。

PHPやRuby、JavaScriptはプログラミング言語の中でも初歩に関する言語なので、この言語を覚えることでウェブアプリの開発を行うことができます。

スマホアプリ

スマホアプリは名前の通りスマホにダウンロードして使用するアプリです。

スマホアプリで使用されるのはLINEなどのチャットアプリ、PayPayなどの決済アプリ、またSpotifyなどの音楽アプリや翻訳アプリなど、様々なアプリを開発することができます。

このアプリを作成するにはiPhoneで使用されているiOSとGoogleの提供するAndroidによって使用する言語が変わります。

iPhoneでアプリ開発を行うならSwiftを使用し、AndroidアプリであればJava・Kotlinを使用します。

先に自分がどの種類のアプリを開発するかにより、覚える言語は変わってきます。

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリはハイブリッドアプリはウェブアプリとスマホアプリの両方の性質を持ったアプリになります。

ウェブ上でも端末上でも同時に操作をすることができ、YouTubeやAmazonサイトなどがこのアプリになります。

ハイブリッドアプリを作るためにはJavaScriptなどの言語を利用することで、開発することができますが、複数の言語やフレームワークが必要となるので、いきなり開発するのは難しい場合があります。

ゲームアプリ

スマホでは数々のゲームアプリをダウンロードすることができ、多くのゲームが市場に出回っています。

このゲームアプリも開発することは可能であり、Unityというツールを使用することで作成できます。

このツールを使用することでオンラインゲームやPCゲームなども開発することができ、ゲームの作成には欠かせないツールです。

このツールを用いてゲーム開発を行ってみるのがいいでしょう。

アプリ開発で得られる収入方法

アプリ開発を行うことで収入を得ることができますが、「どのような方法で収入を得られるの?」と疑問を感じることもあるはずです。

アプリ開発で得られる収入方法について紹介しましょう。

有料アプリを開発して販売

まずは、有料アプリを開発して販売する方法です。

有料アプリの販売はApp Storeなどで販売されており、顧客が購入すれば収入を得ることができます。

しかし、アプリの単価が直接開発者に収益として手に入るわけではなく、利益の3割は手数料として引き抜かれてしまいます。

もし、仮に1,000円のアプリが10個売れれば10,000円の価格になりますが、3割は手数料として抜かれるので7,000円の収入となります。

平均収入の400万円を得ようと思うなら、5720人ほどがダウンロードしなくてはなりません。

有料アプリの販売はダウンロード数と価格のバランスを考慮するのがポイントです。

アプリの課金収入

アプリ内での課金により収入を得ることもできます。

これは、ゲームアプリでよく見られるものですが、アプリ自体は無料でダウンロードすることができても、アプリ内でキャラを強くするために課金をするシステムです。

アプリでの課金はゲームにはまる人であれば月に何万円も課金をする人がいるので、大きな収入とすることができます。

しかし、この方法で収入を得るためには、アプリゲームの知名度やクオリティが大切なので、独自で創り出したゲームアプリで課金システムを利用した収入はかなり難しいです。

実際に、この方法で収入を得ているのは、大手のゲーム会社や企業となっています。

広告収入

無理アプリで収入を得るために広告収入を利用することも可能です。

アプリ自体は無料ですが、アプリを利用している間は画面に広告が表示され、広告が表示されるごとに収入を得る、または広告を通して閲覧者がサービスや商品を購入した場合に収入を得ることができます。

広告収入を得ることができれば、その間ずっと固定報酬で収入を得ていくことができるので、アプリ開発ではこの方法で収入を得ることが多いです。

ただ、広告収入はアプリをダウンロードしてもらう必要があるので、ダウンロードされなければ、収入を得ることができません。

アプリ開発習得のための勉強方法とは

「アプリ開発の仕事を行ないたい」と思うなら、プログラミン言語を学ぶ必要があります。

自分の行いたいアプリ開発により、プログラミング言語の種類は違うので、まずは、自分がどのようなアプリを開発したいのかを決める必要があります。

プログラミング言語の習得方法はいろいろありますが、大事なのは本で読んだ知識、またはプログラミングスクールで学んだことを実践していくことです。

勉強方法は次の通りです。

まずは知識を得ていく

アプリ開発を行うためにはプログラミング言語を覚えていく必要があります。

プログラミング言語は1つ1つの言語に意味があるので、地道に覚えていく必要があります。

言語を覚えるために本を読むこともできれば、スクールに通うこともでき、その方法は自分の好きな方法で大丈夫です。

また、アプリを開発するためには構造も理解する必要があるので、フレームワークなどを動画サイトで見ながら使い方を覚えるようにしていくことも必要です

アプリ開発の仕組みを覚えるために、毎日予習や復習などをしていくようにもしましょう。

アプリを開発してみる

アプリの開発のイメージを持つことができれば、次は実際にアプリを開発してみることが大事です。

アプリを開発してみると、どこかでエラーを出してしまうことがありますが、そのエラーを解決していくことで、本格的なアプリ開発をしていくことができます。

まずは簡単なアプリ開発を行ってみて、アプリ開発でどこが自分のイメージとは異なるのか確認しておくことが大事です。

自分なりのアプリ開発を行うことで、本格的なアプリ開発を行うことができ、独立して起業することもできます。

応用して機能を充実させていく

アプリ開発を行うことができれば、応用を効かせて自分が欲しい機能や便利だと思う機能を付与していくようにしていきます。

アプリの機能が便利であれば利用者の利用も増えていくので、アプリをダウンロードしてくれる人が増えるはずです。

応用するのは簡単なことではないので、プログラミング知っている知り合いや書籍などを利用して、応用の方法を学んでみることもできます。

アプリの機能を充実させるために取り組んでいくようにしてください。

まとめ

アプリ開発を行うことで収入を得ることもできますが、どのような方法でビジネスを展開していくのかが大事です。

また、アプリ開発を学ぶためにはプログラミング言語も必要になるので、どの言語を習得するのかも重要です。

アプリ開発のビジネスを考えているなら、まずはスキルの取得を目指すようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました