スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアビジネスとはどんなビジネスなの?仕組みとおすすめを紹介

ビジネス
スポンサーリンク

今はいろいろなな仕事があるので、起業するときに「どのようなビジネスをしようか?」と迷ってしまうことがあるはずです。

ビジネスを始めるときにはビジネスの内容や仕組み、需要などを知っておくことが大事であり、人気があるからと言って直ぐに飛びついてはいけません。

ビジネスの中で人気が出ているのはシェアビジネスです。

シェアビジネスは1つの商品ではなく、いろいろな商品に対して需要が見込めれば行うことのできる仕事です。

シェアビジネスの内容について紹介していきましょう。

シェアビジネスとはどんなビジネスなの?

シェアビジネスと聞いたときに、「どのようなビジネスなの?」と疑問を感じることもあるはずです。

シェアビジネスは簡単に言うと「借りたい」、「貸したい」と言う人を結びつける仲介者の仕事です。

世の中では持っていても使用しない人、また使用したくても持ってない人がたくさんおられます。

その人たちを結びつけるために、ウェブサイトやアプリを構築してプラットフォームを作り、取引のサポートをします。

そのサポートをするときに仲介手数料を取ることで、収益を上げていくことができるわけです。

そのため、シェアビジネスのジャンルは様々であり、「需要がありそうだ」と思ったなら、何でもシェアビジネスとして利用することができます。

利用者が多いほど収益も上がってくるので、どのジャンルでシェアビジネスを始めるのかが大事です。

シェアビジネスを始めるときのポイントとは

シェアビジネスを始めるときに、考えなければいけないことがあります。

目的や計画もなしにシェアビジネスを始めても、仕事の軌道を乗せることはできずに、収益を上げることはできません。

シェアビジネスのポイントについて紹介しましょう。

シェアリングシステムを確認

シェアビジネスを始めるときは、シェアリングシステムの確認を行う必要があります。

シェアビジネスは、ウェブサイトを構築することやアプリとして開発することも大事ですが、システムの機能性を確認することも大事です。

機能性として重視するのは

・信頼性(故障の頻度や障害)

・可用性(稼働率の高さ」

・保守性(メンテナンスのしやすさ)

・安全性(データの破壊や不整合の起きにくさ)

・機密性(改ざんや情報漏洩の防止)

です。

ウェブサイトを拠点とするため、ウェブサイトの質はかなり重要であり、この5つのポイントがうまくできていないと顧客も不安を感じますし、仕事として成り立たなくなることもあるので、大事なポイントになります。

ランニングコストの確認

シェアビジネスを始めるときに収益率を確認しておくことも大事です。

シェアビジネスは商品の形態が広く、どんな商品でもシェアビジネスとして始めることができます。

しかし、シェアビジネスを始めても商品に需要がなければ赤字が続くことになり、収益を上げることができません。

そのため、シェアビジネスを始める前に売上をどのくらい得ることができるのか需要の幅を確認するようにします。

また、もし売上が想定に達しなかった場合、仕事を維持するためのランニングコストやシステムの維持費を計画しておくことが大事です。

売上やランニングコストは現実的な数字を出すようにしておくなら、シェアビジネスの維持が簡単になるはずです。

利用者の管理体制

シェアビジネスの際は貸出す相手よりも利用者の管理に重点を置くことが大事です。

利用者が仮にシェアをした商品を破損した場合や汚してしまった場合、そのための保証を取る必要もありますし、利用者がしっかり期日に商品を返却してくれるのか確認するための体制を整えておくことが必要だからです。

貸出し相手は何も保証が無ければ商品をシェア登録することが難しくなるので、利用者の身元保証や連絡先の提示などを行い、利用者に対して徹底管理をしておく必要があります

また、もしシェアしたために商品を弁償しなくてはならなくなった場合の保証についても考えておく必要があるでしょう。

3つのおすすめシェアビジネスとは

シェアビジネスを始めるならシェアビジネスの種類について考える必要があります。

シェアビジネスは多くの商品として利用されていますが、おすすめのシェアビジネスについて紹介しましょう。

カーシェアリング

カーシェアリングは車をシェアする仕事です。

車を持ちたくても車の維持費や駐車場代、また保険や車検など車を持つには費用がかかるので、費用を最小限に抑えるためにカーシェアリングを利用する人は多くおられます。

また、普段は乗ることのできない外車や有名なメーカーの車に乗りたいときも、自分で購入することは不可能でも、カーシェアリングで一時の間乗ることが可能です。

また、車を持っている人も普段あまり使用しないなら、車が劣化してくる原因ともなりますし、使用していない割に維持費もかかってくるので、もったいないですね。

カーシェアリングで使用してもらい、貸出料金をもらった方が貸出人としてもお得に感じるはずなので、需要と供給のバランスが上手く噛み合っていると言えるでしょう。

カーシェアリングでシェアビジネスを始めることが考慮できます。

レンタルサービス

レンタルサービスとして場所のシェアをするビジネスを考えることもできます。

レンタルスペースとは、空いているスペースを第三者に提供するサービスであり、会議室やセミナー、社員研修などに利用したい人を狙ったビジネスです。

今では事務所を構えずにネットで仕事をする人が増えてきており、場所を確保せずに起業している人が増えています。

しかし、事務所を借りていないため、急に会議をするときやセミナーを開くときに場所が必要になることもあり、そのためだけに事務所を賃貸契約するのは割に合いません。

1日や数日のみ事務所やサークル活動、二次会に使用したときにレンタルスペースを利用すれば安価となるので、需要者が多く、貸出人としても購入したスペースを空室にしたままではなく、活用することができるので、需要と供給の利害関係が一致しています。

もし、部屋を持っている人であればレンタルサービスを考えてみてもいいかもしれません。

ファッションレンタル

新しい服やバッグなどのアクセサリーをレンタルするサービスです。

毎月定額制で好きな服を貸出サービスであり、コーディネートの考案も行うビジネスとなります。

ファッション好きな人は世の中に多くいますが、ファッションの種類や数は膨大なため、ファッションを楽しむためにはかなりの費用が必要です。

また、服のコーディネートが苦手な人も多くおり、結婚式や仕事、パーティなどの服装選びに苦労している人も多くいます。

そのような人たちにとってファッションレンタルは好きな服を選ぶことができ、しかもコーディネートまで考えてくれるので、需要が大きく、成功する可能性が高いです。

ファッションのメーカー選びや数量、またスタイリストを雇うなど、考案するべき点は多いですが、ファッションレンタルもシェアビジネスとしておすすめです。

まとめ

「シェアビジネスで仕事を始めよう」と思うなら

・シェアリングシステム

・ランニングコスト

・利用者の管理体制

を考慮しておき、対策を立てておくようにすべきです。

また、シェアビジネスを始めるときには、需要のあるシェアビジネスを始めなければ収益を得ることができないので、「みんなはどんな必要性を感じているのか?」という点を判断していくことも大事です。

シェアビジネスも1つの良いビジネス方法なので、ぜひ考慮してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました