スポンサーリンク

スポンサーリンク

法人カードの審査3つのポイントとは?落ちたときの対策とは

ビジネス
スポンサーリンク

起業して会社を設立したなら経営に関していろいろな点を考えるはずです。特に、経理に関してはお金の管理をしっかりするために効率化や円滑化が大事です。

経理を効率にするためには法人カードを作成することも1つの方法として考えることができます。法人カードを作成することでキャッシュフローの安定化や収入と支出の簡略化を行えるためです。

起業して法人化しているなら法人カードを作成することを考えられますが、「審査は大丈夫なのか?」と疑問に思う人もいるはずです。法人カードの審査について内容を紹介していきます。

法人カードを作成するとき審査の3つのポイント

法人カードを作成するときに「どんな審査基準となっているのか?」と法人カードの基準について知りたいはずです。

法人カード作成のポイントについて紹介します。

経営が黒字であること

法人カードを作成するときに審査される点としては、黒字経営であるかがポイントです。自分の会社が利益をしっかり出しているなら、会社として倒産する危機はなくカード会社も信頼を持つことができます

経営が赤字であればカード会員としても「大丈夫なのだろうか?」と心配されカードの発行が見送られてしまうことになるので、黒字経営となっているときに審査をしてもらうのが良いです。

設立年数が3年以上

法人カードを発行するときは設立年数も見られてしまいます。起業して間も無く設立年数が短いなら、カード会社としても継続できるのか不安視されてしまうことがあります。

そのため、起業し始めの頃は法人カードの発行を申請しても見送られることがあります。もし、申請が通らなければ設立年数がある程度経ってから申請するのがいいかもしれません。大体設立年数が3年ほど経っていれば信頼を得ることができ、申請が通りやすくなります。

返済履歴に落ち度がないか確認

法人カードを作成するときに自分の返済履歴に落ち度がないかを確認しておくことも大事です。自分が過去に消費者金融機関、またはクレジットカードでお金を借りた経験があり、返済が滞ってしまったときやトラブルを抱えてしまったなら、信用情報機関に名前が載ることがあります。

もし、返済履歴に傷がある人であれば、カード会社からは要注意と見なされてしまい、カードの発行を見送られることもあります。大体5〜10年ほどは信用情報機関に名前が載せられてしまうので、トラブルがあった人は名前が消えるまで待つ必要があります。

また、できるだけトラブルを起こさないように注意しておくことが大事です。

法人カードの審査に落ちた場合の対策

法人カードの申請を行い審査に落ちた場合、「どうしよう」と悩んでしまうこともあるはずです。法人カードの申請で落ちてしまった場合の行動について紹介します。

別のカード会社で申請してみる

法人カードを申請しても審査に落ちたときは、別のカード会社に申請をしてみることができます。法人カードの作成の基準はカード会社によって違いがあり、1つのカード会社で審査に落ちたとしても、他の審査に通らないということではありません。

そのため、法人カードの会社にこだわっていないなら別のカード会社で審査をしてみることも考えるべきです。法人カードの会社の中には設立年数に関係なく審査が通りやすい会社もあります。法人カードを1つ作成したいなら、審査が通りやすい会社で申請してみるのもいいでしょう。

事業内容の記載を確認

法人カードを記載しておくときは事業内容を記載することも大事です。事業内容が明確であればカード会社も内容を把握しやすくなるので、「何をしているのか?」と迷うことや悩むことがありません。

法人カードの作成をして審査に落ちてしまうときは、事業内容が曖昧でカード会社にしっかり理解してもらえなかったため落とされることが多いです。そのため、1度カードの審査で落ちてしまった場合は「事業内容の記載に誤りや見落としがなかったのか?」と確認してみることがおすすめです。

特に、IT関連や新しい事業であれば、何をする仕事なのか内容を細かくしておかないと信頼されにくいので、丁寧に記載していくようにしましょう。

会社の状態を確認

落ちてしまった場合は会社の状態を確認してみることも1つの方法です。会社の状態を確認するのは、上記でも記載したように設立年数や赤字経営となっていないのかの確認です。

例えば、今月は黒字経営でも先月赤字であれば、経営状態を不安視されていることもあるので黒字経営を3ヶ月ほど持続できてから申請してみることができます

また、会社の信頼を得るために、固定電話やホームページの設置をしてみることもできます。固定電話が設置されていれば携帯電話のみよりも、会社として経営をしている証明になります。

また、ホームページが載っていることも会社を運営している証明となるので、作成するメリットとしても大きいですね。自分の会社の信頼が大きいほど法人カードの審査は通りやすくなるので、会社が信頼を得やすいように対策を講じることも大事です。

法人カードの審査に通るよう確認しよう

法人カードの作成を行うには、法人カードの審査に通るように自分の会社の確認をする必要があります。設立年数や経営状態、また自分の過去の履歴からカード会社に審査されるので、特にこの3つの点はしっかり押さえておきましょう。

法人カードを作成することができれば経営が取り効率化するので、ぜひ審査に通るように対策をしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました