スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドローンの仕事を考えてみよう!種類と注意点とは

ビジネス
スポンサーリンク

仕事にもいろいろな種類があるので、仕事の種類を確認することで「自分にあっている仕事なのか?」、「やりがいや楽しさを感じることができるのか?」という点が確認できます。

いろいろな仕事がある中でもドローンを使用して仕事を行うことができます。ドローンは空撮で動画や写真を撮影するときに使用されるものですが、ドローンを使用した仕事の需要も高くなってきているので、仕事として考えることができます。

ドローンを利用した仕事について紹介します。

ドローンを利用した仕事とは

ドローンを利用した仕事を考えるなら、「ドローンを利用して何の仕事ができるの?」と思うはずです。ドローンを利用した仕事について紹介していきます。

空撮カメラマン

ドローンを利用した仕事には空撮があります。空撮はクライアントが望む映像をドローンを飛ばして空撮する仕事です。ドローンの空撮は上空から映像を撮影できるので躍動感や爽快感を得た映像を取りやすくなります。

特に風景を撮影するときは空撮をするなら印象が変わって見えるので、広告映像やアーティストのPV映像を撮るときに利用されやすいです。

ドローンの空撮カメラマンは年収が大体300〜600万円ほどになります。ただ、撮影技術が必要になるので、クライアントの希望に合うスキルを身に付ける必要があります。

農薬散布として利用

ドローンをは農薬散布として利用されることもあります。農家とし仕事をしていく過程には農薬を撒く作業があります。しかし、農薬を巻くときに土地が広いなら農薬を撒くのにかなり時間がかかってしまいます。

農家として人出が足りない状況であれば、農薬を撒く仕事はかなり労力を費やすことになるので大変です。しかし、ドローンを操縦して農薬を巻いていくなら、人手が不足していても、広大な土地を持っていても効率よく農薬を撒くことができます。

ドローンで農薬を撒くときには正確な操縦技術やドローンの性能が求められるので、準備や訓練をする必要があります。年収は大体300〜500万円となっていますが需要は見込めるので年収が増加する可能性はありますね。

測量士

測量士としてドローンを利用して測定することも可能です。建設現場など測量機器を用いて測ることができますが、目に見えない部分などは測量することが難しく、時間もかかります。

しかし、ドローンを利用するなら測量はどんな場所でも利用することができ、操縦して測ることもできるので、測量時間も大幅に削減することができます。

ドローンで測量を計測するためにもスキルが必要であり、ドローンの性能も重視されます。年収は大体300〜520万円ほどです。ドローンの仕事として利用することができます。

ドローンのインストラクター

ドローンスクールのインストラクターとして仕事をすることも可能です。ドローンスクールのインストラクターは主に

・ドローンの飛行技術

・航空法などの知識

・飛行申請の方法

などを理解しておく必要があります。

そのため、ドローンスクールのインストラクターになるためには、飛行技術も必要になりますが、法律の知識なども必要になるので、知識とスキルの両方が大事です。

また、教え方も分かりやすく理解できるように教えなければいけないので、説明力やコミュニケーション能力も求められます。年収は大体300〜500万円ほどです。

ドローンの仕事をする点で注意しておく点とは

ドローンを使用して仕事をするときは注意しておくこともあります。どのような点を注意しておけばいいのか以下の2点をご覧ください。

スキル証明のために資格を取得できる

ドローンを操縦するときに特別な資格は必要ありません。しかし、ドローンの操縦についてスキルを証明しておくために資格を取得しておくことは大事です。ドローンの操縦で資格を取得しておくなら、クライアントからの信頼感も高くなり、仕事の受注率も上がるはずです。

ドローンのスキル資格でおすすめできるのは「ドローン検定」の習得です。ドローン検定を持っておくと

・国土交通省に許可申請をするときに証明書を添付できる

・提携団体などにおける各種の受講資格が得られる

・講習の免除がされる

・合格者のみが参加できるコミュニティに参加できる

というメリットがあります。

他にも名刺に資格の記載ができるので、アピールして集客がしやすくなります。

法律も勉強しておく

ドローンを操縦するときは航空法や電波法などに基づいて操縦する必要があります。規定の数値を超えてドローンを操縦する時は、国土交通省に許可を申請する必要があるので、法律について勉強しておくことが大事です。

ドローンを操縦するときに法律に違反すると違法となり、罰則を科されてしまうことになります。ドローンで仕事をするときは必ず必要な知識となるので、勉強しておきましょう。

ドローン関係の仕事は今後増える可能性が高い

ドローン関係の仕事は最近需要が増えてきていますが、今後も需要が拡大していく可能性が高いです。ドローンを利用して仕事をするにはスキルや知識も必要になるので、仕事として活動していくためには期間も必要です。

しかし、ドローンを操縦して仕事をするのは面白みもあるので、ラジコンや機器の操縦が好きな人におすすめです。ぜひ、考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました