スポンサーリンク

スポンサーリンク

「仕事に行きたくない」と思う原因は早く解決しよう!対処法とは

ビジネス
スポンサーリンク

仕事をしていると「今日は仕事に行きたくないな」と思うこともあるかもしれません。毎日仕事に行っていると仕事に行きたくない日も必ず出てきますね。しかし、「仕事に行きたくない」という思いが強くなってくると、仕事をするモチベーションが下がります。

仕事に対するモチベーションが下がれば、仕事自体がしんどくなりパフォーマンスが悪くなります。ストレスも大きくなるので、最悪仕事に行かなくなる可能性も生じるため、対処することが大事です。

・どのような原因で仕事へのモチベーションが下がるのか

・仕事に行きたくない対処法

について紹介します。

仕事に行きたくないと強く思う原因とは

「仕事に行きたくない」という思いが軽いなら、問題視する必要はありません。しかし、行きたくない思いが強くなるなら、それは対処する必要があります。「仕事に行きたくない」という思いが強くなる原因について詳しく紹介します。

人間関係が悪化して気まずくなってしまう

仕事で人間関係が悪化してしまうと「仕事に行きたいない」と思ってしまいます。人間関係が悪化してしまい、その人に仕事場で毎日会うなら気まずい思いをしてしまうことになります。例えば、同僚や上司などです。

毎日顔を合わせるなら仕事よりも、その人のことが気になって仕事に集中できなくなり、ミスをする可能性も高くなります。また、人間関係が悪化してしまったせいで自分が職場で孤立してしまうなど、いろいろな悪影響が生じます。

人間関係も微妙な程度であれば問題ないですが、悪化して大きなストレスを感じるようになるなら、仕事を辞めてしまうことにもなりますね。

残業が多くて体がきつい

残業が多くて体がきついなら、「仕事に行きたくない」と思うことがあります。仕事をしていると納期や仕事量により残業をすることがあります。しかし、残業を毎日する、深夜まで残業があることが多いなら、体がしんどくなり「仕事ばかりでしんどい」と強く思うようになりますね。

しかし、残業があっても、好きな仕事をしている人ややりがいを感じるなら、「仕事に行きたくない」とは思わないです。ただ、仕事に対して良い意味を感じないなら「苦しい」という思いしか残らないので、ストレスが増します。

体がきついなら健康を害する可能性もありますが、精神的に「仕事に行きたくない」という思いが強まりますね。

努力しても報われない

仕事をしていても、自分の努力が報われないなら「仕事に行きたくない」と思うかもしれません。仕事は成果や結果によって昇進したり給料が上がったりします。

そのため、努力しただけでは自分の思ったような結果にならないこともあります。しかし、努力したのに報われないなら「自分は頑張ってもダメだ」と心が塞ぎ込んでしまう原因となりますね。

仕事で努力しても他の同期の同僚や後輩が先に昇進するとこを見たなら、「自分はダメだ」とさらに思い込むようになります。「仕事に行きたくない」という思いが強まり、何事にもやる気が無くなってしまうので、対処する必要があります。

仕事に行きたくないと思う対処法

「仕事に行きたくない」と思ったときに、ストレスが大きかったり、モチベーションがかなり下がってしまったりするなら、対処する必要があります。

対処しなければ仕事をすること自体に苦手意識を持つようになり、仕事をすることができなくなる可能性もあります。どのように対処することができるか上記で記した原因の対処法を紹介します。

人間関係はストレス軽減程度まで改善を図る

人間関係が悪化して気まずい思いをするようになれば、会社など仕事場に行くだけで、ストレスが大きくなり「仕事に行きたくない」と思うようになります。そのため、人間関係を改善しなければ負担が大きくなり仕事を辞めてしまう原因となります。

しかし、人間関係は改善したくても難しい部分が多いので、全ての原因を解決して人間関係を良好にすることは厳しいでしょう。そのため、ストレスを軽減できる程度に改善を図ることが大事です。

例えば、相手が何か批判などの悪口を言ってきても相手にしない、また、関わりを持つときがあれば、あまり刺激しないようにすることができます。

人間関係の改善は自分がいくら努力しても報われないこともあるので、どうしても改善が難しくストレスできつくなってくれば、仕事を変えることも1つの方法です。

ただ、改善する努力を少ししてみることで関係性が和らぐこともあるので、ストレス軽減まで改善できるように考えてみることができます。

仕事の時間で効果的に息抜きをする

残業が多くて体の負担が大きくなり「仕事に行きたくない」と思うなら、とにかく休息する時間を身に付ける必要があります。残業や休日出勤などが増えてくれば身体的にも精神的にもきつくなってくるので、仕事へのモチベーションは下がっていきます。

そのため、有給休暇を取ることができたり、早退することができるなら、その制度を利用して休みを取り、気分転換を行う必要があります。しかし、休暇を取ることができないなら、仕事の合間に休息を取る必要があります。

例えば、気分転換するときに、トイレに行って落ち着くことができます。また仕事の集中力が落ちてきたならペースを落として仕事をすることができます。

負担を減らすには上手に休憩を入れていく必要があります。それでも難しい場合は仕事の転職を考えるべきです。

自分が仕事で得た成果を思い出す

自分が仕事で得た成果を思い出すことも必要です。同僚や後輩の昇進を見て自分は何もないなら「この職場に居たくない」、「仕事に行きたくない」と思うかもしれません。

しかし、考え方を変えれば、この原因は改善することができます。相手と比較して自分で自分を責めているので、逆に自分の良い点を見つけて自分で自分を褒めることができます。

例えば、「自分はどんな仕事もまじめににしてきた。」、「仕事に対しては責任感を持つことができる。」など自分の良いところを見つけて自分で評価することができます。

自分で自分を褒めることができれば、自分の気持ちは悪くならないので、仕事へのモチベーションは大きく下がりません。この考え方をおすすめします。

転職してみるのも1つの方法

もし、職場の環境や自分の感じる負担から「仕事に行きたくない」という思いを改善できないなら転職してみることも1つの方法です。転職して職場を変えることができれば、自分が仕事で感じる負担を減らすことができます。

転職して環境を変えることにより、仕事に対して抱くネガティブな気持ちを解決することができます。そのため、改善が厳しいなら自分の気持ちが切れてしまわないうちに転職を考えることが大事です。

仕事は生活していくのに必要なので、継続できる環境にいることがポイントです。仕事に行きにくさを感じるなら転職を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました