スポンサーリンク

スポンサーリンク

会社員が嫌だと感じる原因とは?どう行動できる?

ビジネス
スポンサーリンク

仕事をするときは会社員として働いている人もいるはずです。会社員として就職すれば給与も安定して、補償制度も充実しているので、会社員として働いた方が生活する上でメリットが大きいですね。

ただ、会社員として働いている人もい「会社員は嫌だ」と感じることもあるはずです。会社員として働くメリットはありますが、「会社員が嫌だ」と感じる原因もあります。

どのような原因で「会社員が嫌だ」と感じるのか紹介しましょう。

会社員が嫌だと感じる原因

どんな仕事にもメリットとデメリットがありますが「会社員が嫌だ」と思う原因には、いくつかの原因があります。どのような原因があるのか紹介しましょう。

会社への貢献を求められる

会社員として働くなら会社から会社への貢献度が要求されます。会社の利益を上げて発展させるために「組織一丸となって頑張ろう」という意識があります。そのため、会社の貢献のために給与に反映されない仕事、また残業なども言われることがあります。

「会社に貢献したい」と思う人は、会社からの要求にも応えることができますが、会社に対する貢献意識がない人にとっては、給与に反映されない仕事などは苦痛に感じますね。

会社の貢献を求められるときに、給与アップなどの見返りがあるならまだ耐えられるかもしれません。しかし、何もなく「会社に貢献するんだ」というプレッシャーを与えられると、苦痛に感じてしまい耐えられない人もいるはずです。

会社への貢献から「会社員が嫌だ」と思う人もいるはずです。

会社の規則や手続きにストレスを感じるとき

会社は組織として活動しています。そのため、会社の規則や手続き方法に従う必要があります。しかし、会社の規則手続きは面倒な部分もあるためストレスを感じてしまう人もいるかもしれません。

例えば、休暇申請を行うときも書類に記入して上司にハンコを押してもらい、総務部が処理するといった手順になっている会社もあります。休暇申請1つを申請するときにも手間がかかるので、直ぐに申請手続きが終わらないこともあります。

また、会社の方針では新しい技術やシステム導入に消極的で古典的な方法を取っている会社もあります。「このシステムや手続き方法なら効率が良いのに」と疑問を感じても、会社は組織として動いているので、会社の方針に従う必要があります。

そのため、会社の規則や手続きでストレスを感じると「会社員は嫌だ」と思うかもしれません。

上司や同僚からプレッシャーを受ける

会社で働いていると上司や同僚など、周りからプレッシャーを受けることがあります。会社では上司の指示に従う必要があり、たとえ上司の指示が理不尽なものでも従わなければいけないことがあります。

また、仕事では同僚や後輩などもあり、人間関係を良くするために、飲み会や接待に付き合うこともあります。

会社員では仕事だけでなく周りの人間関係も良好にするため、気遣いや空気を読む場面があり、その点を煩わしく面倒に感じることもあります。

このことから、「会社員は嫌だ」と思うこともあります。

「会社員は嫌だ」と思ったとの行動

「会社員は嫌だ」と思い、「環境を変えたい」と思うなら、2つの行動を考えることができます。

転職とフリーランスという行動ができますが、それぞれの内容を紹介しましょう。

転職を考えてみる

まずは転職です。会社員から転職した場合のメリットとデメリットを紹介しましょう。

転職メリット

会社員から転職をするなら、自分のやりたい仕事を見つけることができます。会社員として仕事をしたとしても仕事は合わないときや、環境に納得がいかないことがあるはずです。

自分のやりたい仕事や環境が会社員になってから分かったなら、自分に合っている仕事や環境を求めて転職することで、会社員のときに感じてた苦悩を解決することができます。

転職デメリット

転職のデメリットは、時間がかかることです。転職で自分の思う職場を見つけるには時間をかけて求人情報を探す必要があります。また、転職の求人を見ても求人通りの仕事内容や環境とは限りません。

転職してから求人先の仕事内容を変えられることもあれば、イメージと違う環境のときもあります。もし、転職で自分のイメージ通りの職場を短期間で探したいなら、転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

フリーランスへの転身を考えてみる

フリーランスへの転身を考えることもできます。その場合のメリットとデメリットを紹介します。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは、会社の組織や面倒な人間関係に縛られないことです。フリーランスは自分のやりたい仕事で働くことができ、自分で仕事の計画を行うことができます。

そのため、自由度は会社員よりも高いです。「自分の考え方で効率よく仕事を行いたい」、「自分の好きなように仕事の計画を立てて収入を得たい」と思う人におすすめできます。

フリーランスデメリット

フリーランスのデメリットは、会社員のときよりも収入が不安定になることです。フリーランスは自分で全て計画して仕事をするので、会社員のように毎月の収入が安定しているわけではありません。

また、福利厚生などの制度もないため、仕事をして病気などにかかれば仕事ができなくなり収入が途絶えることもあります。フリーランスとして活動するなら計画性をしっかりしてから検討する必要があります。

会社員が嫌だと感じたときは熟考して行動しよう

会社員として働いてもいても「会社員が嫌だ」と思うときはあるかもしれません。そのときに耐えられないほど「嫌だ」と思うなら、転職やフリーランスを考えてみることがおすすめです。

会社員で仕事をすることもメリットがあります。そのため、会社員のメリット以上に自分がストレスを持つようになれば、会社員とは違う仕事スタイルを探すべきです。

「会社員が嫌だ」と感じたなら、ぜひいろんな要素を熟考して決定するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました