スポンサーリンク

スポンサーリンク

AIを取り入れた7つのビジネスとは?導入方法も紹介

ビジネス
スポンサーリンク

「何かビジネスを始めたい」と思っている人もいるはずです。

ビジネスにもいろいろな種類があるので、自分に合うビジネスや収益が得られそうなビジネスを選ぶ必要があります。

その中には、AIを取り入れたビジネスもあり、AIを用いて仕事をしていくこともできます。

しかし、「AIを用いたビジネスには何があるの?」、「AIのビジネスは難しいのでは?」とAIを用いたビジネスについて疑問を感じることもあるはずなので、内容を紹介していきましょう。

AIが導入されているビジネスには何がある?

「AIが導入されているビジネスには何があるのか」知りたい人もおられるはずです。

AIはどんな仕事に導入されているのか知りたい人もおられるはずなので、紹介しましょう

コールセンター

コールセンター業務にもAI技術が導入されて活用されています。

大手銀行のコールセンターや保険会社などには、IBMが開発した「ワトソン」と言われるAI技術が導入されており、機械学習と自然言語処理を利用して必要な情報を素早く取り出すことができます。

また、非構造化データの分析をしてくれるなどの技術も活用することにより、顧客の会話の内容をテキスト化して、業務マニュアルや問い合わせの質問に関して適合する回答を行うようにしてくれます。

このAI技術により、顧客の問い合わせにスピーディに回答することができますし、膨大な問い合わせに対して、オペレーターにつなげることを節約できるため、オペレーターの業務を効率化することができます。

コールセンターではAIによる質疑応答が増えています。

タクシー

AIの技術はタクシーにも利用されています。

どのように利用されているのかと言うと、スマホの位置情報から人の流れ、過去の乗車データ、天気などを考慮して数十分後のタクシー需要をAIが地域別に予測するのに利用されています。

このAIの導入により、どの場所に行けばタクシーを利用したい人を見つけることができるのか知ることができ、タクシー利用者を見つける時間を効率化することができます。

タクシーの利用者を見つけるのは経験が活かされるため、新人ドライバーは見つけるのに苦労しますが、AIタクシーのおかげで効率化され、タクシーの売上アップに貢献しています。

帳票管理

AIを利用して、手書き書類の判別を行うこともできます。

個人で契約書を送付してきたならば字が読みづらいこともあり、どんな人なのか識別することができないことがあります。

しかし、AIの技術を用いて読みづらい字であったとしても前後に書かれた文脈や文字から、AIが連想して半別し、データ処理をしてくれます。

この技術のおかげで正確に契約書の内容を知ることができ、人が手で入力するよりも処理時間はかなり短縮されて効率化しています。

このAI技術は保険会社で利用されており、AI技術で業務時間が短縮することができています。

クレジットカードの不正利用探知

クレジットカードで不正利用されれば、大きな被害を被ることになります。

クレジットカードの番号を抜き取れらて不正利用されることも増えており、この不正利用に気付かなければ、自分の貯蓄が知らないうちに減ってしまいます。

しかし、AIの導入によってクレジットカードの使用を常時モニタリングしており、会員の利用パターンから大きくズレた支払いを感知してカード会社から会員に連絡を入れることができるようになりました。

この技術により、クレジットカードで決済される前に不正使用を止めることができ、被害に金額は年々下がってきています

ECサイトによる最適化

AIはサイトの構築にも貢献しており、MAと言われるマーケティング・オートメーションに最適化に導入されています。

これは、タグを設置するだけでAIがユーザー行動を学習して最適なタイミングで販促をしてくれることができ、より個々が求めている商品やサービスを特定して売り上げを伸ばすことができるようになっています。

この技術によって膨大な顧客のデータを取る必要がなくなり、よりポイントを捉えた方法で販促を行うことができます。

AIによる株式取引

AIは株式の取引にも利用されています。

AIは市場での銘柄や金額差やシステムが処理するまでの時間の取引を爆速で行うことができ、少額の利益を積み上げていくことができます。

1秒の間に2000回の取引を行うことができ、勝率100%で株の利益を上げていくことができます。

AIで株の取引を行ってもらうなら、高確率で勝利することができるので、海外ではAIによる取引の取り締まりも出てきていますが、AIの能力は株取引にも利用出されています。

自動車の自動運転AI

自動車の自動運転技術でAIの導入が計画されています。

AIによって自動車の制御方法や識別を行い、信号の認識や曲がり方など、交通規則に従って運転をしていくことができきます。

すでに、自動運転の技術は進んでおり、AIによって試運転をしたこともあります。

もしAIによる運転が実現できれば、運転をすることが難しい高齢者や、体が不自由なため運転することを諦めていた人たちも、運転することが可能になるかもしれません。

AIによる自動運転への技術が進歩していけば、交通の安全性も向上する可能性があります。

AIの導入を考えるならどうすべき

AIは作業の効率化を図ることができるので、ビジネスに大いに役立てることが可能です。

しかし、「どうやってAIを導入すればいいの?」導入方法に疑問が生じるはずです。

AI導入方法を紹介します。

クラウドサービスを利用

クラウドサービスではAIの貸出しをしており、契約することでAIのサービスを利用することができます。

クラウドサービスをではいろいろなAI機能を保管しているので、自分の使用したいAI技術を導入して、作業の効率化を図ることができます。

例えば、帳票に特化したサービスを受けることができ、請求書や発注書、見積書などの帳票を効率よく作業することができます。

インテリジェントデータ抽出機能であれば請求会社や金額、消費税、請求日、支払い期日、銀行口座はすでに設定されているので、既存のフォーマットからデータの抽出を行えます。

また、AIは学習していくので、精度の向上を将来的に予測することができ、抽出機能の向上も期待できます。

このような機能を持ったAI技術を月々数千円〜数万円の価格で利用することができます。

既存のプラットフォームを利用する

技術がいる場合は既存のプラットフォームを利用する方法もあります。

例えば、GoogleやIBMなどの大手企業が提供している、機械学習向けのプラットフォームなら、画像認識や音声認識などの機能が用意されており、それらのAIを利用することで業務の効率化を図ることができます。

しかし、AIのプラットフォームは機能が異なっており、得意な分野と不得意な分野もあるので、複数のプラットフォームを組み合わせてカスタマイズさせる必要があります。

そのため、既存のプラットフォームを使用するなら、高度な技術が必要なので、技術者がいるなら、利用してみることができるでしょう。

まとめ

AI技術はいろいろなビジネスに用いられており、作業や会計などの効率化に貢献しているので、自分の仕事でもAIを導入することができます。

AIを導入するならクラウドサービスを利用するのが、1番安心できるのでクラウドサービスからAIによる効率化を感じてみることができます。

ぜひ、AIの導入を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました