スポンサーリンク

スポンサーリンク

輸出入代行サービスとは何?輸出代行のやり方を紹介

開業
スポンサーリンク

「どんなビジネスがあるのか知りたい」と思っている人もいるはずです。

「新たに起業す」、または「ビジネスを始めてみたい」と思うなら、どのようなビジネスがあるのか知ることは重要ですし、ビジネスの内容を知ることで自分に合っているビジネスか判断することもできます。

今では、新たにビジネスを立ち上げる人も増えてきましたが、「輸出入代行サービス」というビジネスを、聞いたことがあるかもしれません。

「輸出入代行ってどのような仕事内容か」、「自分でも行うことができるのか?」と、気になる人もいるはずなので、紹介していきます。

輸出入代行サービスとは

「輸出入代行サービスってどんな仕事をするの?」と仕事内容についてあまり詳しく知らない人もいるはずです。

輸出入代行サービスは、クライアントが海外から商品を購入するとき、または商品を売却するときに、代行として購入や売却を手伝うことです。

今では「海外の方が資材が安い」、「海外で商品を売却した方が高く売れる」などの理由で、海外で商品の売買を行うことも増えてきました。

ネットにより簡単に海外の商品を売買することもできるようになっているので、海外でのビジネスは会社などの法人だけでなく、個人でも行いやすくなっています。

しかし、海外で商品を売買するためには英語を使用することが必須であり、英語を話すことや文書を見て理解することができなければ、商品をスムーズに売買できません。

また、海外に輸出入するなら関税や消費税なども関係しており、配送方法なども日本とは違いがあるので、いろいろと面倒な点があります

そのような人のために、輸出入代行サービスは売買の仲介者的な位置で、商品の売買をスムーズに行うことができるようにします。

輸入代行サービスの仕組みとは

輸入代行サービスの仕組みについて、あまり詳しくない人もいるはずです。

輸入代行サービスは基本的にクライアントの商品の売買がスムーズに進めることができれば問題ありません。

流れとしては以下のように構成されています。

外国の通販サイトに商品を注文する

クライアントから購入したい商品を注文されたときは、その外国の通販サイトに注文をします。

クライアントが何を購入したいのか確認を取っておかなければならないので、購入したい通販サイトはもちろん、メーカーや配送方法なども詳しく知っておくことが大事です。

また、海外と日本では輸出入が禁止されているものもあるので、クライアントが依頼した商品は輸入しても問題ないのか確認することも大事です。

注文した商品のお金を代理で支払う

注文した商品は先にクライアントからもらっておくようにします。

注文した量によって関税がかかるので、その点も考慮しながら自分の代行費用も上乗せしておきます。

代行費用は個々のサービスによって違いがありますが、大体商品金額の20%を代行手数料としてもらうことができるはずです。

注文するときは基本的にクレジットカードになるので、クレジットカードを用意しておくのがいいでしょう。

配送先をクライアントの住所にしておく

配送先は自分の住所ではなく、クライアントの住所にしておきましょう。

自分の住所にしておくと、またクライアントに配送しなくてはならなくなるので、送料がかかって損をしてしまいますね。

また、注文が決定したなら、クライアントにメールなどで注文したことを伝えておき、いつ届くのかを知らせておくと、商品の受け取りをスムーズに行うことができます。

そのため、クライアントの連絡先はしっかり保管しておくことも大事です。

輸出入代行を開業するために必要な3つのポイント

「輸出入代行サービスを開業するときに必要なものって何があるの?」と思われるかもしれません。

輸出入代行サービスを始めるときに必要なことを3点取り上げます。

英語などの外国語の取得

輸出入代行サービスを始めるためには外国語を取得しておくことが大事です。

輸出入代行では海外へのサイト、またはやり取りを行わなければなりません。

そのため、外国語を理解できるほどの知識や能力が無ければ輸出入をスムーズに行うことができず、かなり時間や手間をかけてしまうことがあります。

そのため、最低英語の読解力や英語で文面の交渉ができるようにしておく必要があります。

もし、外国語の理解で間違った解釈をしたならクライアントの要求とは違う商品を購入してしまうことになり、事態が大変になってしまうこともあります。

英語をある程度理解しておくのがおすすめです。

商品について情報を得るようにする

商品情報を知っておくことも輸出入代行をするときは重要です。

日本と海外では商品の販売です許可されている範囲や種類が違うものもあります。

輸出入代行を利用するクライアントが、日本に輸入すると違法なものを代行として購入、または売却すると自分も違法の片棒を担いでしまうことになります。

商品の内容に全く無知なのは知らずに犯罪を犯してしまう危険性もあるので、代行業を行うときは商品が正当で違法に当たらないか確認しておくことが大事です。

基本的に資格などは不要

輸出入代行を行うときに「資格は必要なのか?」と思うこともあるかもしれませんが、基本的に輸出入代行に資格はなくても行うことができます。

そのため、輸出入代行は誰でも気軽に始めることができ、外国語や海外のサイトに詳しい人であるならしっかりと業務を遂行できるはずです。

ただ、外国語に関する資格や流通に関する資格を持っているなら、クライアントからの信用も得やすくなり、仕事の受注が多くなる可能性が高いので、資格を取得しておくと代行業務がスムーズに行えます。

輸出入代行で成功する2つの秘訣

輸出入代行を始めるなら、できれば「成功して収入を安定させたい」と思うはずです。

輸出入代行で成功するための秘訣には何があるのか最後に紹介しましょう。

サイト内で禁制品や関税、保証などを記述しておく

輸出入代行で安全に取引をしていくためには、違法に当たる商品の売買に携わらないことです。

この点は自分も注意しておかなければならないですが、クライアントも同様に依頼するときは「信頼のあるサイトを利用したい」と思います。

クライアントが海外で輸出入代行を利用するときは、「相手に知識があるのか」、「しっかり取引を成功させてくれるのか」を重視するので、そのアピールをする必要があります。

クライアントに、自分が信頼できるサイトであることを理解してもらうため、サイト内に禁制品や関税の記述を記載しておくと、知識を持っていることをアピールできます。

また、輸出入で一定の保証、または実績をサイト内で記載しておくならクライアントの心理面も安心させてあげることができます。

サイト内で知識を持っていることをアピールできるようにしましょう。

会社概要記載しておく

クライアントに信頼をしてもらうために、サイトに会社概要を記載しておくことも大事です。

クライアントはネットで代行を依頼するなら、相手がしっかり仕事を運営しているのか確認します。

そのため、自分の会社情報の記載として、住所や電話番号を記載しておくのはもちろん大事ですが、特定商取引法に関する記述など、法律による内容も記載しておくようにしてください。

法律を記載しておくことで、自分は法律に従って運営していることをアピールすることができます。

情報をしっかり公開しておくことで、クライアントは安心して依頼を注文できます。

まとめ

輸出入代行はネットから行うことができるので、気軽に始めることができ、ビジネスとして考えることができます。

しかし、輸出入代行では取得しておいた方は良い能力や、運営の際に確認しておくポイントがあるので、その点を知っておくようにしましょう。

実績を積むことができれば経営も軌道に乗るはずなので、ぜひ考慮してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました