スポンサーリンク

スポンサーリンク

カフェの開業の方法とは?成功するための秘訣とは

開業
スポンサーリンク

「何か自分の好きな仕事で開業してみたい」と思っている方もおられるはずです。

自分の好きな仕事で開業してみるなら仕事へのモチベーションも上がり、仕事が毎日楽しくなるので、楽しみながらお金を稼ぐことができます。

開業にもいろいろありますが、人気なのはカフェを開業することですね。

カフェの開業はおしゃれであり、コーヒーや紅茶などの飲み物をゆったりした空間で飲みたい人も多いので、需要の見込みがあります。

ただ、カフェを開業するためには成功の秘訣を知っておくことが大事なので、紹介していきましょう。

カフェ開業の方法

カフェを開業することを考えているなら、どのような手順で開業できるのか確認しておくことが大事です。

どのような手順で開業することができるのか紹介していきまょう。

カフェの計画を立てる

まずは、カフェの計画を立てることが大事です。

自分が「どのようなカフェを開業したいのか」という事案を立て、カフェのメニューや店の内装、仕入れ先、開業資金などを考える必要があります。

特にカフェに出すコーヒーや紅茶、また内装は特に大事です。

カフェに出すコーヒーや紅茶が、スーパーなどで売られているものと同じクオリティであれば、顧客は「また来たい」とリピートになってくれることはありません。

また、内装も落ち着いた雰囲気を出すことができなければ、顧客は落ち着いてコーヒーなどを楽しむことができないので、リピーターになることはありません。

そのため、開業するときには自分が「どのようなカフェにしたいのか」ということを考えることが大事です。

大元を決めることで実行していくことができます。

店舗を選ぶ

カフェを開業するときに店舗を選にも大事です。

店舗を選ぶときには「家賃を安くしたい」と思うかもしれませんが、家賃が安くても店舗が小さいなら、顧客を多く店内に入れることはできません。

また、家賃が低くても人目につかないような場所であれば、カフェの存在を知ることができずに、顧客も出入りは少ないです。

そのため、カフェを開業するときは「どのくらいの人数を入れたいか」、「人目に付きやすい場所はどこか」という点考えて店舗選びをするのがいいでしょう。

カフェに入る店舗はフランチャイズ店だと30人以上入るところが多いですが、個人であれば、20人ほど入る店舗でも十分なはずです。

また、人目につく駅前や表通りなどは店舗の家賃も高いので、自分の資産と相談しながら、顧客の出入りが見込めるところを選ぶのがいいでしょう。

内装や設備を設置する

カフェを開業するなら内装や設備もしっかり準備する必要があります。

開業のときに必要なのはテーブル、チェア、厨房、冷暖房、レジとパソコンです。

まや、カフェでは調理もするので調理器具も準備しておく必要があります。

コンロや冷蔵庫、フライパンや包丁など、も購入しておきましょう。

また、カフェでは冷暖房もを設置して、温度調節ができるようにしておく必要があります。

温度調節で室内を適度な温度に保っておかなければ、快適にコーヒーを飲んだり会話をしたりすることができません。

また、内装や外装もおしゃれなデザインに張り替えるため、業者に頼む必要があります。

このように、カフェを開業するためにはいろいろな設備を集めることが必要であり、全て集めるようにするならお金を準備しておくことも大事です。

カフェの開業に必要な設備は新品ではなく、中古品やレンタルなどを利用するなら、ある程度費用を抑えることができますが、中古の場合は設備が直ぐに壊れてしまうこともあり、レンタルは毎月の費用がかかるので、それらの点も考慮しておく必要があるでしょう。

開業申請をする

店舗の内装や設備を設置することができれば、開業の申請を行う必要があります。

カフェを開業するために必要な申請は

・食品営業許可申請

・防火対象物使用開始届出書

が必要です。

それぞれに届出を出しておくことが法律で決められているので、食品営業許可申請は保健所に・防火対象物使用開始届出書は消防所に届けるようにしてください。

また、開業届けは税理士に申請する必要があるので、この届出も忘れずに行う必要があります。

カフェ開業に必要な資金とは

カフェを開業するなら資金を準備しておく必要があります。

カフェにかかる資金を考えてみると

・店舗の賃貸 50〜100万円(敷金ありで)

・設備の準備 50〜100万円

・内装工事 100〜200万円

・その他の経費10万円

ほどです。

全て計算してみると大体450万円ほどの資金が必要です。

もちろん、あくまで目安なので資金は節約することもできますが、カフェは設備投資や内装などが必要になるので、費用は大きくかかることが予想できます。

カフェ開業成功させるためには

カフェの開業を成功させるためには、カフェの仕事を計画を持って行う必要があります。

ただ、「どんなところがポイントなの?」と計画のポイントについて知りたい人もおられるはずです。

カフェ開業の成功の秘訣について紹介していきましょう。

資金調達を確保する

カフェを開業するときに大きな資金が必要なので、そのときに銀行や消費者金融から資金を調達することはあるかもしれません。

しかし、資金調達は開業してからも必要なので、しっかりと資金の調達ルートを確保しておくことが大事です。

カフェではコーヒーや料理などの材料を補充しておく必要があり、資金が底をついてしまうとカフェに重要なコーヒーや料理を出すことができなくなります。

カフェの材料調達にかかる資金は自分の提供するものによりますが、大体10〜50万円ほど材料が必要になるかもしれません。

毎月カフェの経営が黒字であれば材料費を出すことは可能ですが、カフェを経営したばかりの際は、カフェの経営が黒字になることは難しいので、まとまった資金を確保しておくのがいいでしょう。

資格を取得しておくのもいい

カフェを開業するなら資格を取得しておくのもいいです。

開業のための資格として、日商簿記や調理師免許などを取得することもできますが、カフェなのでコーヒーに関係する資格を取得するのがおすすめです。

コーヒーに関係する資格には

・コーヒーマイスター

・民間団体のカフェ開業コース

・JBA認定バリスタライセンス

などがあります。

コーヒーマイスター

コーヒーマイスターはコーヒーに対しての深い知識と基本的な技術を習得し認定試験に合格すると得ることができる資格です。

この資格を持っているなら日本スペシャルコーヒー協会の会員となることができ、1つのステータスにすることができます。

民間団体のカフェ開業コース

民間団体のカフェ開業コースでは、カフェの開業を重視したコースなので、開業に向けてのノウハウやサポートを受けることができます。

お店の利益の出し方や仕入れ方法、コーヒーの焙煎方法など、コーヒーや開業について深く勉強することができます。

JBAバリスタライセンス

JBA認定バリスタライセンスは、専門学校で採用されている資格です。

エスプレッソマシンの使い方を勉強することができるので、上手にエスプレッソを入れたい人におすすめできるライセンスです。

ただ、この資格を受けるためにはJBA認定のカリキュラムを受けた人、カフェで1年以上働いた経験を持つ必要があります。

まとめ

カフェの開業は多くの人が行っているので、独自のコンセプトを持ったカフェとして、他店とは違う点を出してく必要があります。

また、開業時には多くの資金が必要になるので、資金運用の方法も考えておくことができるでしょう。

カフェの開業を夢見ている人は、ぜひ注意点なども考慮して計画的に開業するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました