スポンサーリンク

スポンサーリンク

起業家として成功する5つの秘訣と失敗しやすい人とは?

起業
スポンサーリンク

起業することを目指しているなら、「起業して成功をしたい」と誰もが思うはずです。

しかし、起業する人は今では多く、成功している人もいれば失敗している人もいます。

そのため、起業して仕事を始めるときに、成功することができるのか計画をしておく、ということが大事です。

しかし、どのようにすれば成功することができるのか分からないことも多いです。

起業の成功の方法について紹介していきましょう。

起業するときに必要なスキル5選

起業して成功させるためには、当然知っておくべきことがありますね。

どのようなスキルを持っておくなら、起業して成功することができるのか紹介します。

集中して仕事を行う

起業して仕事をするなら、仕事の時間は自分で自由に行うことができます。

そのため、仕事の時間に自分が何をしようが誰かに怒られることはないので、朝だけ仕事をして昼からは自由に行動する、ということもできます。

しかし、自分で自由に仕事ができるので、会社勤めよりも集中して仕事を行う必要があります。

会社勤めの場合は周りの同僚の目や上司の管理、または仕事の業績によるボーナスなどもあるので、仕事に集中することができますが、起業するとボーナスも周りの管理も無くなるので、「怠けてしまえる環境になる」とも言えます。

そのため、起業するときは「自分が仕事にしっかり集中できるのか?」という点を意識して、集中する環境作りや仕事へのやる気を維持するための努力をしておく必要があります。

仕事への集中力が持続することで仕事の収入も安定的に得ることができ、起業した仕事を長く続けることができます。

ポジティブ思考を保つ

起業して成功したいなら、思考をポジティブに考える必要があります。

「思考をポジティブに考えることなど意味があるのか?」と思う人もいるかもしれませんが、とても大事なポイントです。

例えば、仕事をしていてミスをしてしまうなら、「ダメだな〜」と自分を責めてしまい自信をなくしてしまうことがあります。

しかし、一度自信をなくしてしまうと、新たにクライアントから仕事を依頼したときに「今度は絶対にミスできない」、「次失敗したら終わりだ」と自分に過度のプレッシャーをかけてしまい、仕事をしているだけでかなり大きなストレスを感じます。

また、失敗してしまったことを引きずってしまうなら、新たな事業や仕事への改革も消極的になり、仕事の業績を伸ばすことができなくなることもあります。

しかし、ポジティブな思考をしていれば、何度仕事でミスをしても気持ちが萎縮することはなく、新たなことにどんどんチャレンジしていくことができます。

起業して一度もミスをしないことはありえません。

その時に自分の気持ち次第で起業の方向性や今後の業績が変わってくるので、思考をポジティブにしておくことは起業家にとって大事な能力の1つです。

自分の理念を押し通す

起業するのであれば自分の理念を押し通すことが大事です。

自分の理念を押し通すとは、自分の「曲げることはできない部分は絶対に曲げることはない」ということです。

仕事をしていれば、クライアントや取引先などによりやり方を変えるように言われることがあるかもしれません。

もちろん、仕事の納品やサービス提供は顧客に応じて臨機応変も変える必要がありますが、製品デザインや自分の仕事の基礎となっている部分は絶対に変えないようにすべきです。

例えば、Appleのスティーブ・ジョブスは製品デザインに対して情熱があり、絶対にデザインを変えることはありませんでした。

会社のリーダーが信念を持っているなら、顧客も尊重してくれますし、「この人は信用できる」と信頼感を得ることもできます。

自分の曲げられない理念を1つ持つようにして、経営をしていくのがいいでしょう。

新しい情報を得るようにする

起業するなら情報を得ることも大事です。

起業して仕事をしていると、自分の仕事量をこなすだけで精一杯になることもあるかもしれませんが、常に情報を得るようにしておくことで、世の中の動きを把握することができます。

世の中の動きは毎日変化しており、変化についていくことができないと無駄な出費を出してしまうことやチャンスを逃してしまうことがあります。

新しい情報はネットを見ることで得ることもできますが、新聞や雑誌、書籍など、あらゆる媒体のものを読んで、情報をまとめることも大事です。

1つの情報だけを信じてしまうと、その情報が誤りであることもあり、仕事の損失を出してしまうことがあります。

そのため、あらゆる情報を集めて信用できる情報とし、自分の仕事にどう活かすことができるのか戦略を立てることで仕事での収益を上げていくことができます。

そのため、情報を疎かにしないようにすべきです。

現実的に考える

起業したなら理想や夢を追い求めることも必要ですが、現実を見てその後の戦略を考える必要があります。

起業したなら「顧客はこれくらい入るだろう」、「収入はこれだけ入ってくればいいな」と思うかもしれませんが、現実は自分の予想や理想を下回っていることが多いです。

そのため、厳しい現実にぶつかったときに、現実の内容を考えて改善策や対策を考えていかないといけません。

現実にぶつかっても「まだこんなものじゃないはずだ」と理想を追い求めるなら、どんどん現実の悪い内容が衝撃を与えて、「起業するべきではなかった」と後悔してしまうこともあります。

現実の悪い結果を受け止めるのは勇気がいりますが、まずは現実を受け止め、打開策を考えるように思考を変化させることが大事です。

起業して会社を続けていくなら、切り替えは大事なスキルなので、ぜひ習得するようにしてください。

失敗してしまう3つの傾向

起業するなら成功した人になりたいはずですが、失敗してしまう人もたくさんいます。

起業して失敗してしまう人は似たような傾向を持っている人がいるので、どのような特徴があるのか紹介しましょう。

慎重すぎる人

起業するときに慎重すぎる人は、仕事をスムーズに行うことができないことがあります。

起業するために準備することは大事ですが、いくら入念に準備をしていても必ず想定外のことは起きることがあります。

慎重過ぎる人は事前に予期できることについて対策を講じることができるかもしれませんが、想定外のことが起きてしまったなら、慌ててパニックになってしまい冷静な判断をすることができなくなることがあります。

慎重で入念な準備を行うのは良いことですが、想定外のことが起きたときに冷静でいられない人は起業して収益を得るのは厳しいでしょう。

感情的になる人

感情的に動いてしまう人も起業するのは難しいです。

起業して責任者になれば、どんなことも理論的にロジックを組んで考えなくてはいけません。

そのため、誰かに気分を害されて直ぐにキレる人や思い込身が激しく思考がネガティブになりやすい人は起業しても成功しにくいです。

例えば、クライアントに気分を害されたときに「こことは取引しない」と感情的に決めるなら、会社の収入に影響が出ることもあります。

感情的で自分をコントロールしにくい人は起業しても長くは続かないでしょう。

資産管理ができない人

資産管理ができない人も起業するのは難しいです。

自分が何にお金を使用したのか把握しておかなければ、会社の資金は知らないうちにかなり減っていることがあります。

いくら起業して収益を出していても、お金の使い方がだらしないな破産してしまうこともあるので、起業に向いていないと言えるでしょう。

まとめ

起業して成功するにはスキルが必要ですが、これらのスキルは自分の精神的な部分や思考の部分です。

そのため、自分の努力次第で身に付けることができ、スキルを身に付けることで起業した後も長く仕事を続けていくことができます。

仕事のスキルも大事ですが、起業は経営なので経営者としてのスキルが1番大事なので、自分に足りないものは努力して培うようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました