スポンサーリンク

スポンサーリンク

起業するのに英語は必要?3つのメリットと学び方学習方法

起業
スポンサーリンク

「起業して自分で仕事をしてみたい」と思い人もいるはずです。

実際に起業して仕事を行うためにはスキルが必要なので、「どんなスキルを取得すべきか?」と考える人もいるはずです。

ただ、今では仕事もグローバル化しているので「英語を学んでおくべきか?」と考える人もいるはずです。

起業したときに英語を取得しておくメリット、また「英語が話せるなら収入アップにつながるのか」と言う点を解説していきます。

起業して英語が話せる3つのメリット

「起業するときに英語が話せる方がいいのか?」と悩むかもしれません。もちろん、話せないよりは話せた方がいいですね。

しかし、英語に接する機会がないなら英語を話すことは難しいです。

ただ、英語が話せた方が起業するときに良いメリットが3つあります。

そのメリットを紹介します。

海外の事業から仕入れを安くできる

英語を話すことができるなら、海外の事業と仕事を行うことができます。

海外と事業を展開するなら商品の輸入の価格が安くなり、日本で商品を売却したときに利益率を上げることが期待できます。

今では多くの企業も海外の製品を取り扱っていることが多いので、商品を仕入れるときに価格を抑えるなら外国の事業と提携することも1つの方法です。

しかし、海外の事業と取引するなら英語力は必須であり、しかもビジネス英語を話せす必要があります。

英語力のクオリティが大事ですね。

海外に進出することができる

起業するときに英語を話すことができれば、海外に事業進出をするときに便利です。

国内である程度の実績や売上を記録できたなら、海外で自分の会社を起業して世界進出してみることも計画するかもしれません。

しかし、海外に自分の会社を立てるならどこの国でも英語でコミュニケーションを取らなければいけないので、英語が必須です。

しかも、海外に会社を立てるならその国のやり方で計画していくので、ヒアリング力も必要です。

英語がしっかりできなければ舐められてしまうこともあるので、海外進出を考えるなら、しっかりした発音や正確な英単語を話せる必要があります。

国内の外国人とのコミュニティを広げられる

日本でも多くの外国人が来ており、仕事が理由で来日している人も多くいます。

もし、英語を話すことができれば日本に来ている外国人とも英語で話すことができ、外国人のコミュニティを広げることも可能です。

日本に来ている外国人は国によって強いコミュニティになっているので、外国語でコミュニケーションを取れることで、自分の会社の取引先を見つけることも可能です。

日本に来ている外国人は日本語を話せる人が多いですが、母国語や英語の方が堪能な人も多いので、英語を話せることでビジネスの展開の幅は大きく変わります。

英語を習得するための学習方法とは

起業するときに英語を話すことができれば、ビジネスチャンスも増えるので英語を話せることはメリットでしかありません。

しかし、「自分は英語を話すことができないから、どうすればいいの?」と悩む人もいますね。

英語を話したいなら英語を学ぶ必要があります。

どのようにして英語を学ぶことができるのか紹介します。

書籍で学ぶ

英語を学ぶために書籍を活用することができます。

書籍はビジネス向けの英会話が勉強できるように、項目ごとに分かりやすい単語を使用して、覚えやすいように工夫されています。

また、本と一緒にCDも一緒に同封されており、CDの英語を聞きながら英語を学ぶことができます。

書籍で英語を学ぶのにおすすめな人

・簡単なビジネス英語を覚えておきたい」という人

・時間があるときに英語を勉強したい人

費用をかけずに英語を勉強したい人

です。

しかし、しっかりしたビジネス英会話や流ちょうに英語を話したいなら、書籍では難しい部分が多いのでおすすめできません。

英語アプリを使用する

英語アプリを使用して英語を学ぶこともできます。

スマホのアプリでは、英語を学ぶことができるたくさんのアプリが開発されています。

ビジネス英語用のアプリもあるので、スマホでビジネス英語を覚えることもできます。

無料版でも英語を学べますが、しっかりと英語を話したいなら有料版の方が内容が充実しているのでおすすめです。

英語アプリでビジネス英語を学ぶことも1つの方法です。

アプリで英語を勉強するのにおすすめな人

アプリで英語を勉強するのにおすすめな人は

・隙間時間を有効活用して英語を学びたい

・いろいろな英語アプリを試してみたい

・スマホを使用して英語を勉強したい

という人です。

しかし、英語アプリで英語を勉強するためには集中力も必要ですし、種類が多いので、どの英語アプリが自分の目的に合っているのか分からないこともあります。

外国に留学する

英語を勉強するために留学するのも1つの方法です。

英語の勉強のための留学であればイギリスやアメリカ、オーストラリア、カナダなどがあります。

留学してしまうとコミュニケーションが英語しか使用できない環境になるので、毎日英語を話して聞く状況となりますね。

始めはしんどいかもしれませんが、3ヶ月ほどすれば英語力が身に付いてきて会話をすることができるようになり、1年留学していればペラペラに話すこともできるはずです。

嫌でも英語力は必ず身に付きます。

留学がおすすめな人

留学して英語を学ぶのがおすすめな人は

・英語が確実に話せるようになりたい

・留学して文化を知りたい

・外国の人と仲良くなり交友関係を築いておきたい

という人です。

しかし、留学するなら期間は1年以上となり、長く海外で生活する必要があるので、費用と時間がない人は難しいです。

また、海外では文化も食事も違いがあり、自分に合わなければ苦痛となるはずです。

英会話に通う

ビジネス英語を学ぶなら英会話に通うことができます。

英会話であればネイティブの先生が英語を教えてくれるので、実際的な英語を学ぶことができます。

正しい発音やネイティブの表現方法、正しい英単語など、確実に自分の英語力を伸ばしていくことができます。

また、英会話であれば日付が決まっているので、定期的に集中して英語を学ぶことができます。

英会話がおすすめな人

英会話がおすすめな人は

・独学で英語を勉強できない人

・正しくビジネス英語を学びたい人

・ネイティブに伝わる英語が話したい人

です。

しかし、英会話に通うには費用がかかり、時間は固定されているので、仕事が忙しい人は英会話に通う時間を確保するのに苦労するかもしれません。

起業する人はオンライン英会話がおすすめ

起業して仕事の幅を広げることや事業展開をするために英語を学びたいなら、オンライン英会話がおすすめです。

オンライン英会話であれば、ネットがあれば自宅や事務所で英会話を行うことができ、英会話教室まで通う必要がありません。

仕事で忙しくしていて授業時間が来たときも、スマホでネットから英会話の授業を受けることも可能なので、どこの場所でも英会話を受講でき、時間の節約をすることができます。

また、オンライン英会話は夜遅くまで受講できるものが多いので、仕事終わりに受講しやすいメリットがあります。

オンライン英会話の講師もネイティブの人がいるので、英会話教室で学べるメリットは、そのまま受けることができます。

仕事で英語を学ぶなら、オンライン英会話を考えてみてください。

まとめ

起業するときに英語を勉強したい人は、いろいろな方法で英語を勉強することができます。

いろいろある中でも1番はオンライン英語の利用で勉強することが、仕事をしながら受講することができるのでおすすめです。

グローバル化が進んでいるので英語の必要性はかなり高くなってきています。

英語を学んでおいて損はありません。

ぜひ学ぶことを真剣に考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました