スポンサーリンク

スポンサーリンク

介護の仕事のメリットとデメリットは何?転職するならどうすべき?

ビジネス
スポンサーリンク

「介護の仕事を始めよう」と思っている方もいるかもしれません。

日本は高齢化社会になっているので、介護の仕事の需要は今後の増えていくことが見込めるので、介護できる人は必要になってくることが予測できます。

ただ、?介護の仕事を行うときに「自分は続けて介護の仕事を行うことができるのか」という点を考えておくことが大事です。

介護の仕事を行うときのメリットやデメリットなどについて紹介していきましょう。

介護の仕事の3つのメリットとは

介護の仕事を行うときのメリットを知っておくことも大事です。

メリットを知っておくことで介護の仕事を行うモチベーションを上げることができます。

メリットは3つあります。

介護の需要が大きく案件が多い

日本は高齢者が多く介護のスタッフが足りていない状況となっています。

そのため、介護士の仕事の需要は大きく案件数も多いので、「仕事をしたい」と思えば直ぐに仕事を行うことができます。

介護の仕事の時給や日給なども高く設定されているので、生活していく収入を得ることもできます。

介護の経験があれば、それだけで待遇が優遇されることもあるので、介護の仕事は転職も行いやすいですね。

資格や経験を積めばキャリアアップしやすい

介護の仕事はキャリアアップもしやすいです。

介護で重視されるのは経験や資格などのスキルなので、経験を積めば受験資格が与えられて資格を取得することができます。

もし実務経験や資格があれば、介護に関してある程度の知識ややり方を知っていると判断され、基本給のアップや管理職になりやすくなるなど、キャリアアップの道が他の仕事よりも早いですね。

もちろん、実務経験が無くても取得できる資格はあるので、介護に不安があるなら、先に資格を取得して介護をすることで、より効果的な介護を行うこともできるでしょう。

やりがいも感じやすい

介護の仕事は高齢者がの食事補助や移動のサポートなど、生活の上で欠かせない点を介護します。

そのため、介護の仕事はやりがいを感じやすい仕事です。

日々の生活のサポートのために、食事のサポートやお風呂のサポート、また車椅子の移動など、仕事の分野はたくさんあり、仕事で覚えることも多いので大変なことがあるのも事実です。

しかし、大変だからこそやりきったときに仕事への充実感を感じることができますし、相手に感謝されることも多いです。

仕事のやりがいを見つけたいなら、介護をしてみるのは良い選択です。

介護の仕事のデメリットとは

介護の仕事を行うときにデメリットも確認しておくと良いです。

デメリットを知っているなら、介護の仕事の大変さに準備することができます。

デメリットを2つ紹介しましょう。

体力が必要

介護の仕事をするときには体力が必要になります。

介護の仕事内容は例えば、車椅子で外出したときに階段などの段差があれば、車椅子に乗っている人を持ち上げ移動しなければいけません。

また、歩行が困難な人がいれば歩行のサポートをするため、その人を支えてあげる必要があります。

介護では力を使って仕事をする場面も多いので、体力がなければ1日の仕事で疲れ切ってしまうことになり、長く続けていくことが難しくなります。

体力に自信がない人は、仕事を長く続けていくためにランニングやジムに通うなどして少し体力を付けておくようにすることをおすすめします。

臨機応変さが求められる

介護の仕事をするときは臨機応変さも求められます。

介護の仕事は高齢者の日常生活のサポートです。

そのため、予測で生きない事態が発生することも想定できるので、その自体が発生したときに臨機応変行動することが求められます。

例えば、介護している人が急に体調が悪くなったなら、かかりつけの病院がある場合は、その病院に連絡を入れる必要があります。

そのときに、介護している人の病院の連絡先を知っているなら問題はありませんが、連絡先を知らない場合は連絡先を知るために行動する必要があり、臨機応変な対応が求められます。

事態が急展開することもあるので、臨機応変な対応が苦手な人は介護を行うときに大きなストレスを抱えてしまうこともあります。

ただ、介護の臨機応変な対応は経験を積めばだんだんと理解してくることができるので、問題は克服することができます。

介護の転職を考えるならどうすべき?

介護の仕事にはメリットとデメリットがありますが、介護の転職を考えている人もいるはずです。

もし介護に転職を考えるなら、やっておくべきことがあります。

どのような点を考えておくべきか紹介します。

資格の取得

介護の転職を考えるなら資格の取得を考えておくべきです。

介護の資格にもいろいろありますが、特に注目しておきたい資格は

・介護職員初任者研修

・社会福祉士

です。

この2つの点の資格は以下のようになっています。

介護職員初任者研修

この資格は、介護の関して基本的な知識を身に付けていることを証明することができます。

研修科目としては介護の基本から認知症の介護、コミュニケーション技術などです。

介護の資格の中では取得が難しいわけではないので、勉強して知識を身に付けるなら、問題なく取得できるはずです。

この資格があることで企業にも信頼を得てもらうことができますし、介護の上級資格への道も切り開くことができます。

社会福祉士

社会福祉士は、人体の構造や社会の理論、福祉制度や高齢者制度などに関しての知識やスキルを証明することができます。

資格の中では国家資格であり、上級者向けの資格なので取得は簡単ではありませんが、難易度が高い分介護の仕事をするときに持っているなら、同じ介護でも所得に違いを生じさせることができるはずです。

また、この資格を取得するなら専門的な知識を勉強することになるので、介護と社会の制度の仕組みを理解でき、介護する人へのサポートも効率よくスムーズに行うことができます。

転職サイトや支援サービスへの登録

介護の仕事をするときは、転職サイトやサービスの登録をしておくことも大事ですから

介護の仕事は豊富にありますが、求人の案件や待遇などは違いがあり、良い案件を見つけたいならハローワークなどよりも介護に特化した転職サイトや支援サービスに登録するのがおすすめです。

介護に特化した転職サイトや支援サービスは非公開の案件を持っていることもあり、非公開の求人は通常の求人よりも待遇や条件が良くなっています。

非公開の案件はサイトを利用することで知ることができるはずです。

また、転職サイトや支援サービスなら希望する転職先を見つけるため、探し方や条件、面接の方法などサポートもしてくれるので転職が効率よく行えます。

介護の転職を考えるなら、転職サイトや支援サービスを利用しましょう。

まとめ

介護の仕事を行うときはメリットやデメリットがありますが、仕事自体へのやりがいや需要が高まってくることを考えると、「メリットが大きい」と言えます。

もちろん、向き不向きが生じるかもしれませんが、介護の仕事への転職を考えるなら、

・資格の取得

・転職サイトや支援サービスの登録

をしておくのがおすすめです。

ぜひ、検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました