スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーエンジニアになるための方法とは?注意点も紹介

起業
スポンサーリンク

エンジニアを目指している方もいるはずですが、「フリーエンジニア」という言葉もよく聞くので、「どうせならフリーエンジニアになりたい」と思う方もいるはずです。

フリーエンジニアは名前のとおり、フリーランスでエンジニアの仕事をすることですが、エンジニアにもいろいろあり、「どんなスキルを持っておけばいいのか?」と疑問を感じるかもしれません。フリーエンジニアとして独立する方法を紹介します。

フリーエンジニアで必要なスキルとは

フリーエンジニアとして活動するためには、必要なスキルを学んでおくことが大事です。どのようなスキルがあればフリーエンジニアとして活動しやすいのか知りたいはずなので、紹介していきます。

基本的なプログラミング言語を習得

基本的なプログラミング言語の習得を目指すことが大事です。フリーエンジニアなのに、プログラミング言語があまりできなければ、仕事の幅が狭くなり、仕事を受注して収入を得ることが難しいです。

そのため、プログラミング言語はたくさん習得しておき、仕事の幅を広げておくことが大事です。習得しておきたいプログラミング言語は

・HTML

・CSS

・JavaScript

・Phtoshop

・PHP

などです。

もちろん、どの言語も完璧にできるように習得しておくことが大事であり、中途半端に覚えるのは避ける必要があります。

フリーエンジニアになるなら、プログラミング言語はたくさん覚えておくようにしましょう。

ポートフォリオの作成

フリーエンジニアとして仕事するなら、ポートフォリオを作成しておくことも大事です。ポートフォリオとは、自分の実績やスキルを証明するためのものであり、自分が作成した成果物をポートフォリオとすることが多いです。

ポートフォリオを作成しておくと、自分のプログラミングのスキルや開発スキルをクライアントに理解してもらうことができるので、クライアントも依頼する作品の完成図を思い描きやすくなります。

ただ、ポートフォリオの作成も分かりやすく作成しなければ、クライアントにうまく自分をアピールすることができないので、作成方法に注意しておく必要もあります。

経営としての知識も必要

フリーエンジニアとして働くなら、プログラミングなどの仕事に必要なスキル以外に経営としての知識も必要になってきます。なぜなら、フリーエンジニアになれば、自分で仕事を受注することや資金のやりくり、営業方法を考えなくてはいけないからです。

会社に勤めているエンジニアであれば、仕事に集中しておけば問題はありませんが、フリーになればそうもいかず、自分で仕事を継続していくための方法を考えていかなければ、仕事自体を行うことができません。

経営の知識やスキルについての勉強もするようにしてください。

フリーエンジニアになるまでの過程とは

「フリーエンジニアになるにはどんな過程を踏めばいいのか?」と考える人もいるはずです。

フリーエンジニアになるための過程について順に説明していきます。

プログラミングの勉強を行う

エンジニアとして活動するために、まずはプログラミングの技術を習得する必要があります。プログラミングの習得は書籍で独学で学ぶ方法や、プログラミングスクールに通って学ぶ方法があります。

独学で勉強してプログラミング習得を目指すならかなりの集中力と「絶対に習得する」というモチベーションの高さが必要になるので、持続して勉強するのは人によっては難しい場合もあります。

プログラミングスクールであれば、スクール側がカリキュラムを組んでくれますし、また講師が教えてくれるので持続して勉強することができます。

さらに、スクールなら大体1〜3ヶ月でプログラミングを習得できるので、早く習得してエンジニアとしての活動ができます。ただ、料金は高く設定されています。

自分の得意な方法で勉強することができますが、おすすめはプログラミングスクールでの学習です。

エンジニアとして就職してみる

プログラミングスクールを習得することができれば、エンジニアとして企業に就職してみることができます。

エンジニアとして就職することで、実際の業務を体験することができ、エンジニアとしての経験や実績を積むことができるようになります。

いきなりフリーエンジニアとして活動しても仕事のやり方が分からず、スキルを生かすことができないので、まずは就職などで実際の仕事現場を見てみるのがおすすめです。

また、エンジニアの仕事をしていけば、「どのようにスキルを活用できるのか?」、「開発にかかる期間やクオリティとは」という疑問点を解決していくことができます。

エンジニアに就職して2、3年働けば、実績や経験も培うことができ、仕事のやり方が分かるようになるはずです。

会社を退職してフリーランスに

仕事で実務経験を培い経験を積むことができれば、フリーエンジニアとして独立することを考えることができます。フリーエンジニアになるときは、退職することを1ヶ月前に伝えるようにしておくとスムーズに退職できます。

フリーエンジニアとして活動するときには、仕事の事務所選びや個人事業主としての届出などの手続きも必要になってきます。

また、仕事も受注してもらうことができるように、フリーランス向けのエージェントに登録するなどして、フリーエンジニアとしてのスムーズに仕事を行うことができるように準備しましょう。

フリーエンジニアとして活動する点での注意点

フリーエンジニアとして活動するときに注意することがあります。どのような点に注意することができるのか紹介していきましょう。

単価交渉はタイミングを見て行う

フリーエンジニアとして働くときに、クライアントから仕事の依頼がきますが、そのときに単価交渉を行います。

ただ、単価交渉をするときにタイミングを見て交渉する必要があります。タイミングによってクライアントの評価が下がってしまうことがあるからです。

例えば、仕事の受注をして商品作成をしているときに、クライアントに単価交渉をしたとするとどうでしょうか?

1度契約しているのに、それを見直せと言っているようなものなので、クライアントとしては不快感を感じますね。

価格交渉はタイミングがズレれば、クライアントの関係性が悪くなるので、契約前に単価の内容を計算しておき、交渉するのがいいです。

プラスαの仕事を心がける

クライアントから依頼が来たときに、いろいろな条件を出されますが、条件通りの内容だけでなく、何かプラスαをしてあげるといいかもしれません。

例えば、仕事を条件通りに作成することができ、納期までにクライアントに商品を提供したとします。しかし、クライアントが「この機能を追加してもらうことはできないだろうか?」とそのときに言われたら、どうしますか?

条件通りに商品は完成しているので、「できません。」、「別途費用がかかります。」と言うことも間違ってはいません。

しかし、そこで快く条件の見直しをして、再び作成し直してあげるなら、クライアントの信頼をつかむことができ、仕事の案件依頼を定期的にしてくれる可能性があります。

自分の時間や予算、内容条件などがあるかもしれませんが、少しサービスすれば好印象を残すことができ、仕事を軌道に乗せることができます。

まとめ

フリーエンジニアを目指すのは今からでも遅くありません。プログラミングの習得を目指して、実務経験を積めば3年ほどでフリーエンジニアになることができます。

フリーエンジニアになれば仕事も楽しくなり、充実した毎日を送ることも可能かもしれないので、ぜひ考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました