スポンサーリンク

スポンサーリンク

起業する際の資金調達はどうすればいい?注意点とは?

起業
スポンサーリンク

起業するなら資金を作ることが大事になります。起業するときに能力やスキルがあっても、資金がなければ会社を運営していくことができず、会社を立ち上げても続けていくことができないので、資金を確保する必要があります。

ただ、起業して会社を運営していく資金は何百万円となることがあるので、1人でこれだけの資金を確保することは厳しいですね。

そのため、起業の資金作りについて知識を得ておくことが大事です。どのように資金作りを行うことができるのか紹介しましょう。

起業時に利用できる資金調達の方法

起業するときに資金調達するためには、機関を利用して資金を確保することができます。どのような機関を利用して資金を確保できるのか内容を紹介していきます。

創業補助金を利用

創業補助金とは名前の通り創業するときにもらうことのできる補助金です。この創業補助金は返済不要の給付金となっているので、ぜひ利用したい制度です。創業補助金を利用するなら、最大で200万円ほどの補助金を受け取ることができます。

ただ、創業補助金は募集期間があり、補助金を受け取るためには条件があるので、起業して補助金を得るには準備をしておく必要があります。起業のときにはまず、自分の住んでいる都道府県で利用する条件を確認しておくようにしましょう。

信用金庫を利用

信用金庫を利用して資金を調達する方法があります。信用金庫は創業支援をしてくれる機関なので、起業したときには資金の援助が受けやすいです。信用金庫を利用することで顧客やビジネスパートナーの紹介や情報提供もしてくれるので、資金を調達する以外のメリットも受けることができます。

しかし、信用金庫は資金を調達できるとはいえ、地域になよって条件は異なっており、融資を受けるため、返済の金利負担もあります。起業したときに金利の確認と返済期間の目安を計画しておくのが良いでしょう。

信用保証協会を利用

信用保証協会は、中小企業や小規模事業者が金融機関から資金調達をすときに、保証人となって融資を受けやすくします。中小企業や小規模事業者では信用が少なく融資を受けたくても融資を思うように受けられないこともあります。

起業したばかりも融資は受けにくいかもしれないので、信用保証協会を利用して融資の可能性を大きくするのは良い方法です。

信用保証協会は地域によって条件が異なることもありますが、利用すれば大体融資は上限で3,000万円ほどであり、金利負担は2.1%〜2.7%ほどになると思われます。

利用したいなら、まずは自分の地域の信用保証協会にお問い合わせをするようにしてみましょう。

資金調達を行う際の注意点

資金調達を行うときには注意しておくポイントもあります。どのような点を注意しておく必要があるのか以下の点をご覧ください。

消費者金融の融資はできるだけ避けておく

起業するときの資金調達の方法で、消費者金融の利用を考える人もいるかもしれません。消費者金融であれば資金を借りるときのハードルが低く、即日でお金を得ることができるので利用しやすい点もありますが、会社の起業時の融資に向いてはいません。

消費者金融の場合は資金を借りるときの金利も高く設定されており、返済するときに少しでも滞ってしまうと会社の信用に傷がつくこともあります。起業の資金調達の方法としてはデメリットの方が大きい点があるので、別の資金調達の方法から行うのが良いです。

資金が得られるまでの期間を把握

資金調達を行うときに、公的機関を利用して起業時の資金に充てることができますが、資金が得られるまでの期間を把握しておくべきです。

公的機関の申請して申請が通って実際の資金が口座に入るまではある程度の時間がかかることもあります。申請手続をしてから実際に口座に入るまで、2〜3か月を有することもあります。

直ぐに資金調達のお金が手に入るわけではないので、起業してから資金調達をするよりも起業する前に準備を始めておくことがポイントです。

出資を受けるときはリスクも考慮

起業のために融資を受けるなら、リスクも考慮して受けるようにしましょう。融資を受けるときは万が一返済ができないときのために、担保をの差し入れを要求されます。

融資を受けたときに担保を差し押さえられたなら、自分の資産がなくなってしまうので、会社を継続させるどころか、自分の生活にも大きな支障が出てしまうことになります。

もし、大きな融資を受けるなら、それを返済するための金利の負担や担保などリスクも考慮して融資金額を受けるようにしてください。

起業の融資は慎重に行おう

起業するときに資金調達を行うことは大事なので、公的機関を利用して資金を確保するのがおすすめです。資金調達は公的機関以外に知人から資金を借りるなど、いろいろな方法がありますが、曖昧な感じになるとトラブルの元になるので、まずは公的機関での融資を考えるのがいいです。

起業で融資を受けることができれば、起業が成功できるようにしっかり経営していくことが大事です。ぜひ、起業が成功できるように計画を練って進めていくようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました