スポンサーリンク

スポンサーリンク

在宅ワークをするときに注意するクライアントとは?

在宅ワーク
スポンサーリンク

「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのサイトを利用して、在宅ワークを行なっている人もいるはずです。在宅ワークでサイトを利用して仕事をするときは、依頼に応募して当選した後に、クライアントとメッセージを通して仕事の打ち合わせを行います。

仕事に応募したときに当選すれば「やった」と思うかもしれません。しかし、クライアントによっては仕事をするときに注意しておかないと、報酬をもらうことができないこともあります。

「どんなクライアントに注意しておく必要があるのか?」と気になる人もいるはずなので紹介します。

在宅ワークで注意すべきクライアントとは?

「クラウドワークス」や「ランサーズ」などを利用して在宅ワークを行う場合、注意すべきクライアントについて知っておくことも大事です。

どのようなクライアントは注意すべきなのか紹介しましょう。

契約する前にチャットアプリで連絡を促すクライアント

「クラウドワークス」や「ランサーズ」では契約をするまでは、メッセージ機能を利用して契約の打ち合わせを行います。契約が仮払いまでできれば、「チャットワーク」や「slack」などのチャットアプリを用いて、詳細な点を打ち合わせすることになります。

しかし、クライアントによっては応募に当選した人とメッセージのやり取りを行わず、直ぐにチャットアプリに登録して連絡をするように促すクライアントもいます。

メッセージを使用せずにチャットアプリで連絡を取るようにするなら、仮払い契約をしっかり行ってくれるのか不安を感じるはずです。また、チャットアプリ内で直接契約をしてくるように促すクライアントもいますが、それは利用規約にも反しています。

しっかり仕事を行なっても支払いをしてくれるのか不安が大きいので注意しておくことが大事です。

何度も追加オプションを要求してくるクライアント

仕事に応募するときは仕事の契約内容を読んで応募をするのか決定するはずです。クライアントによって契約内容に違いがあり、要求が高そうであれば契約を避けるはずですね。

契約内容を読んで、自分が作業する範囲を理解して商品を完成させ納品まで行います。しかし、クライアントによっては契約に書かれていないことを要求してくることもあります。

例えば、契約では画像を設定するように記載されていないのに、画像選定を行うように要求されること、納品方法は何でも良いと言っているのに特定の納品方法を要求してきたりすることです。

「少しの要求なら修正して納品するのも良いかもしれない」と思うかもしれませんが、本来契約に記載されていないことは行う必要がありません。もし、契約以外の要求をしてくるなら、金額の上乗せなどがあるのか確認を取るようにすべきです。

1度納品した商品に修正依頼をするクライアント

商品を納品してクライアントのから納品完了ができれば、それで商品は譲渡されたので仕事は終わりとなります。しかし、しばらく経ってから1度納品した商品を再度修正して欲しいという要求がくることもあります。

1度納品した商品はクライアントも合意しているため修正を行う必要がありません。いつも依頼をしてくれているクライアントで、たまたま修正をお願いされたなら個人の判断で修正を行うのも良いかもしれませんが、基本的に修正はしなくてもいいので注意すべきです。

クライアントの見分け方のポイント

ネットで在宅ワークを行うときは相手のことが分からないので、クライアントがどんな人なのか確認をしておくことが大事です。「クライアントを確認するときのポイントとは?」と疑問を感じる人もいるはずなので紹介しておきます。

疑問について説明してくれるか

仕事の内容を見たときに、クライアントから受注の際の必要事項が記載されているので、そこを確認しますね。しかし、必要事項を見ただけでは「この部分はどういう意味だろう?」と記載内容だけでは理解できない部分もあるはずです。

そのときは、クライアントに疑問点をメッセージで質問をして疑問を解消するようにすべきです。疑問点が生じたまときに丁寧に説明をしてくれるなら、「良い商品を納品してもらいたい」という思いが分かるので、クライアントとして信用することができます。また納品したときに見当違いで大幅な修正をすることも回避できます。

「自由にしてください」という内容で返信されることもありますが、この場合は自分の自由に進めて問題ないです。ただ、説明が曖昧な場合、納品後に大幅な修正を要求される場合もあるので、まずはクライアントに確認を取るようにしてください。

返信が早いか

クライアントとメッセージで返信をするときに、返信が早いかも見分けるポイントです。自分がメッセージを送信したときに24時間以内に返信が返ってくるなら、クライアントとしても「仕事をスムーズにしてもらいたい」という気持ちが理解できるので、信用が置けます。

自分がメッセージを送信して24時間以内に返信されるのがベストですが、クライアントによっては別の仕事をしている人もいるので、返信が遅くなることもあります。

そのため、2〜3日ほど待ってみて、それでも返信が来ないようであれば、仕事がスムーズにできず、クライアントとしては良いとは言いにくいですね。納期の関係もあるので返信の早いクライアントは良いクライアントと言える可能性が高いです。

在宅ワークではクライアントの見分け方も重要

在宅ワークで仕事をするときは、クライアントの見分け方も確認しておくと良いです。高額な案件でもクライアントがあまり良くなければ仕事を完成させて報酬をもらうことが難しくなります。

クライアントが良ければ仕事はスムーズに行われ、報酬もトラブルなく支払われるので、「少し変だな」と感じれば断るようにするのがいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました