スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウェブデザイナーになるためには?フリーランスなら収入も考慮!

在宅ワーク
スポンサーリンク

在宅ワークにもいろいろありますが、ウェブデザイナーとして仕事をすることでを考える人もいるはずです。ウェブデザイナーはパソコンなどを使用してデザイナーを投稿する仕事であり、在宅ワークの中でもよく選ばれる仕事です。

ウェブデザイナーとして仕事をするなら、フリーランスとして仕事を行うことができます。しかし、「フリーランスのウェブデザイナーの収入は?」、「どんなスキルや資格がいるの?」とウェブデザイナーの内容について疑問もあるはずです。

内容を紹介していきましょう。

ウェブデザイナーに必要なスキルとは?

ウェブデザイナーとして仕事をするときに「資格は必要か?」と思うもしれません。ウェブデザイナーは資格がなくても仕事をすることができます。ただ、デザイナーとしてのスキルは習得しておく必要があります。

どんなスキルが必要なのか以下の点をご覧ください。

コーティングのプログラミングスキル

ウェブデザイナーとして仕事をするためには、プログラミングで言語を書く作業があります。自分が希望したデザインに仕上げるためには必要なスキルです。

プログラミングと聞くと難しく思えるかもしれませんが、必須となるのはHTMLとCSSのみになります。HTMLは文章の見出しや本文の文字の大きさを変えるなどのときに使用し、CSSはwebサイトのレイアウトや装飾を行うときに利用します。

ウェブデザイナーとして、他のプログラミングを使用することもできますが、HTMLやCSSでレイアウトや装飾、見出しの変更などは必ず必要なので、このスキルは覚えておくべきです。

デザイナーに必要なツールの取得

ウェブデザイナーとして仕事をするときは、Adobeという会社のツールを使用してデザイン加工を行います。

ウェブデザイナーとして利用するツールは

・Photoshop(フォトショップ)

・illustrator(イラストレータ)

という2つのツールです。

Photoshopは主に写真加工をするときに使用し、liiustratorはイラスト作成ツールのときに使用します。

例えば、Photoshopはwebサイトのレイアウト資料を作成するときに写真を入れて説明することがあるので、そのときに利用します。

liiustratorも使用しますが、Photoshopの方が使用することが多いので、Photoshopのインストールと使い方を理解しておいた方が、ウェブデザイナーとして活躍しやすいです。

デザインの知識を得ておく

ウェブデザイナーとしてウェブサイトを作ることも大事ですが、クライアントに満足してもらえるデザインスキルを身に付けることがさらに大事です。

デザインを作成するときに、コンピュータのスキルがあっても肝心のデザインが受け入れられないなら、デザイナーとして仕事を完了することができません。

デザイナーとしてのスキルは感性の部分がありますが、人気のデザインを見て研究しておくことやマーケティングしてデザインの傾向を学んでおくと、デザインの知識をある程度得ることができます。

デザインの知識を増やしておくなら応用もしやすくなるので、知識を増やすようにしてください。

ウェブデザイナーの収入とは

ウェブデザイナーとして仕事を行うなら、「どれくらいの収入が得られるのか?」という点もあるはずです。ウェブデザイナーの収入はどれくらなのか紹介します。

フリーランスの収入

フリーランスとしてウェブデザイナーを行うなら平均年収は360万円ほどになっています。平均なのでフリーランスとして働くなら200〜400万円あたりの年収となります。

ただ、フリーランスの場合はデザイナーとしての仕事をするだけでなく、仕事のオファーが来るように応募したり、収入の計算を行ったりするなど仕事以外の業務も行う必要があります。

また、フリーランスの場合は急に忙しくなることもあれば、暇な時期が続くなど仕事の受注も不安定なことがあるので、収入以外の点でも考慮しておくことが大事です。

会社勤務の場合

会社勤務でウェブデザイナーとして仕事をしているなら、平均年収として400万円ほどになります。会社の勤務ならばフリーランスと違い、ウェブデザイナーとしての仕事だけを行えばいいので、他の業務を行うことはほぼありません。

年齢とともに給料も上がっていくので、40代になれば500万円ほどの年収を得られる可能性もあります。

ただ、会社勤務の場合は残業などもあるので、仕事の時間が長くなることもあります。特に納品にが近いときや繁忙期であれば、毎日長時間の仕事となることもあるので、体力が必要です。

フリーランスを目指すなら副業から始てみる

今ウェブデザイナーとして働いているなら、フリーランスになることも計画できます。しかし、全く経験も実績もなくフリーランスとして働くなら、収入面が厳しく生活を維持するのが難しいです。

そのため、フリーランスとしてウェブデザイナーを行いたいなら、まずは副業として仕事をしてみることができます。副業としてウェブデザイナーを始めるなら、本業の仕事をしながらウェブデザイナーとして収入をどれほど確保できるか計算できます。

もし、副業で手応えを感じてきたなら、ウェブデザイナーとしてフリーランスで仕事を行ってみる計画が立てらます。

ウェブデザイナーの仕事の案件は「クラウドワークス」や「ランサーズ」で行えます。ぜひ考慮してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました