スポンサーリンク

スポンサーリンク

在宅ワークの必要な準備とは?持っておくと良いスキルも紹介

在宅ワーク
スポンサーリンク

「在宅ワークで仕事をしよう」と思うなら、在宅ワークについてのスキルを知っておくことが大事です。仕事をするときには求められるスキルがあり、例えば、弁護士であれば法律の知識を証明するために国家資格を受ける必要があります。

在宅ワークの場合は、弁護士のように何か特別なスキルを持っておかなくても、スキルがあることで仕事の効率化を行うことができ、仕事をスムーズに行うことができます。

在宅ワークではどのようなスキルがあればいいのか紹介しましょう。

在宅ワークを始めるときの準備とは

在宅ワークで仕事を始めるときには仕事の準備をしておく必要があります。在宅ワークの準備はパソコンだけでなく、他にも準備しておいた方がいいものがあります。「どんな準備が必要なのか?」と思うはずなので、以下の点を考慮してみてください。

仕事のツールを準備しておく

在宅ワークを始めるために最低限必要なスキルとして仕事のツールのやり方やインストールをしておくことが大事です。これはスキルというより準備に近いものですが、ツールを準備しておくことは在宅ワークを行う点では必須と言えます。

在宅ワークを始めるときに準備しておくツールとしては

・Googleドキュメント

・Googleスプレッドシート

・メールアドレス

・チャットワークなどの連絡ツール

になります。

在宅ワークでは基本的にネットを経由して仕事の連絡や受注を受けるため、連絡用のツールを使用します。

在宅ワークでクライアントの方が持っている連絡用ツールはチャットワークが多いです。他にもSlackやLINEなどもありますが、大体はチャットワークなので、このツールをインストールしておくことが必要です。

また、仕事の受注をするときはGoogleドキュメントやスプレッドシートで商品の受注、納品報告や修正報告を行うことが多いです。

このツールもインストールして使用することができますが、Googleのアカウントを作成しておくことが必要なので、アカウントが作成できていない人は、まず作成から行うようにしてください。

エクセルやワードの知識を知っておく

在宅ワークではエクセルやワードを使用することも多いです。在宅ワークの種類にもよりますが、ライティングの仕事を行うならワードはよく使用するので、ワードの文字変換などはもちろですが、

・表の作成方法

・太字やマーカーの付け方

・画像挿入の仕方

などは知っておいた方がいいでしょう。

在宅ワークではワードやエクセルで、仕事の業務の説明を受けることもあるため、文章の見方や挿入など基本的な操作方法は知っておかないと仕事の受注も難しくなります。

在宅ワークであるといいスキルとは

在宅ワークを始めるときに「どんなスキルを持っておくといいのだろう?」と思う人もいるはずです。在宅ワークで持っておくと受注が上がるスキルや収入が大きく増えるスキルはあります。

どのようなスキルがあるのか以下の点をみてください。

フォトショップやイラストレーターのスキル

イラスト系の仕事やデザイナーの仕事であれば、フォトショップやイラストレーターのスキルがあるといいですね。フォトショップとは画像編集ソフトウェアであり、画像を編集してフォトグラフを作成することができます。

イラストレーターも画像編集ソフトですが、イラスト制作や広告のレイアウトに使われるデザインソフトなので、フォトショップとは少し違いがあります。しかし、どちらも画像編集のソフトなので、もしデザイナー関係の仕事を在宅ワークで行うなら、インストールしておく必要のあるソフトです。

ただ、フォトショップやイラストレーターはAdobeが提供しているソフトであり、どちらもライセンス契約が必要なので利用料金がかかります。デザイナーとして仕事をするなら、どちらのソフトを使用して仕事をするのか決定してから契約を行うのがいいです。

アプリ開発やウェブ制作ならプログラミング

アプリ開発やウェブサイトを構築するならプログラミング技術を持っておくのがいいです。プログラミング技術があれば、そのプログラミングに適した仕事を在宅で行うことができます。

プログラミング技術は習得するのに時間がかかりますが、在宅ワークの中でも単価や収入が高いので、プログラミングができれば在宅ワークでも十分な収入を確保できます。

ただ、プログラミングは仕事をしながら身に付けていくことができるスキルではないので、プログラミングスクールなどで学習して習得してから、在宅ワークとして仕事ができます。最低でも3ヶ月の期間がかかり出費も高いので、在宅ワークを本業とするための先行投資として考えている人におすすめです。

TOEICなどの語学の資格

在宅ワークで翻訳系の仕事をしたいならTOEICの点数を持っておくのがいいです。在宅ワークでは英語から日本語翻訳や、逆に日本語から英語翻訳などを行う案件も多いので、英語ができるだけで仕事の幅は広くなります。

英語のTOEICの点数が700点ほどあれば、翻訳スキルとしては十分な証明になるので、翻訳関係の仕事を受注しやすくなります。英語以外にも中国語検定やスペイン語検定など、語学検定を持っておくなら翻訳の仕事は受注しやすいので、持っておくと良いスキルと言えます。

在宅ワークはスキルと準備が重要

在宅ワークを行うなら、デザイン系やプログラミング、語学のスキルを持っていると有利になります。しかし、在宅ワークは簡単なパソコンスキルやツールの準備をしておけば、作業できる仕事も多いので、特別なスキルを持っておく必要はありません。

「在宅ワークで仕事をしたい」と思うなら、まずは在宅ワークができるように準備をしておき、収入を増やしたいと思うなら、経験を積むことやスキルの取得を目指すのがいいです。

在宅ワークで収入を得ることができるように考慮してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました