スポンサーリンク

スポンサーリンク

ランサーズとクラウドワークス在宅ワークでおすすめは?

在宅ワーク
スポンサーリンク

在宅ワークで仕事をするときにネットの仕事を依頼、または受注するときに「クラウドワークス」、または「ランサーズ」を利用するかもしれません。どちらも在宅ワークの案件数が多く掲載されており、ネットの仕事を行うときに利用しやすいサイトです。

どちらを利用しても在宅ワークとして仕事を行なっていくことができますが、「クラウドワークスとランサーズならどちらを利用するのが良いのだろう?」とどちらを利用すればいいのか悩んでしまう人もいるはずです。

「クラウドワークス」と「ランサーズ」は似ている部分もありますが、違う部分もあるので、それぞれの内容を紹介していきます。

クラウドワークスが向いている人

まずは「クラウドワークス」が向いている人について紹介します。どのような人が向いているのか以下の点を見て参考にしてもらえればと思います。

初心者として経験を積みたい

クラウドワークスでは多数の案件が依頼されており、その中には初心者歓迎の依頼も多数あります。初心者歓迎の案件は、単価は低くても仕事の基礎を知ることやスキルの習得を行うことができるので、仕事をしながら少額の収入を得ていくことができます。

在宅ワークとしても全く経験がない人でも経験を積むことができ、経験を積んでスキルが向上してもくれば、単価の高い案件に応募して商品提供を行うことができます。初心者で知識やスキルがない人で経験を積みたい人はクラウドワークスで案件を探すのがいいですね。

専属として契約できる案件を探したい

フリーランスなどで働いているなら、専属として契約できる案件を探している人もいるはずです。もし専属として契約できる案件を探すなら「ランスーズ」よりも「クラウドワークス」を利用して探すのがおすすめです。

「クラウドワークス」では専属として契約する案件が多数依頼されています。条件はいろいろありますが、専属契約として契約できれば毎月仕事を受注できます。さらにノルマは課されない専属契約が多いので自分の自由に仕事をすることができる案件が見つかります。

「専属契約できる案件をたくさん見つけたい」と思うなら「クラウドワークス」を利用すべきです。

ランサーズが向いている人とは

在宅ワークを行うときに「ランサーズ」が向いている人もいます。どのような人が向いているのか紹介します。

副業として仕事を行いたい人

「ランサーズ」を利用して仕事をするときは、副業として仕事を行いたい人におすすめです。「ランサーズ」では副業として案件を単発で依頼しているクライアントが多くいます。

単発としての案件は納期に余裕を持てることが多いので、本業の収入にプラスαで副業を考えているなら、行いやすいです。また、「ランサーズ」でも初心者で行える案件は多くあり、そこから始めていけば月に2〜3万円の収入は確保できるはずです。

専属契約よりは単発案件が多いので、副業で収入を少し得たい人は1度利用してみることをおすすめします。

相手のランクが分かる

「ランサーズ」ではランク制度を設けており、ランクによってワーカーのランクをある程度確認することができます。

「ランサーズ」のランク付けとしては

・レギュラーランク

・ブロンズランク

・シルバーランク

・認定ランサー

という風になっています。

このランク制度によりクライアントはワーカーの質を確認して応募でき、仕事上のトラブルを回避しやすくなります。

ランクはプロフィールの充実度や仕事実績、クライアントの評価により決まります。ランクが高いほどクライアント側としては、仕事のクオリティの高さと納期までの商品の納品を期待できます。

しっかりと仕事をしてもらいたいなら、「ランサーズ」の利用がおすすめです。

クラウドワークスやランサーズ利用時の注意

「クラウドワークス」や「ランサーズ」を利用するときには注意しておくこともあります。いろいろありますが、以下の3点については知っておくこと大事です。

手数料を取られる

「クラウドワークス」も「ランサーズ」も仕事を完了して報酬をもらうときは手数料を取られます。クライアントが提示した金額に税が追加され、その金額から手数料が取られます。

そのため、自分が想定していた金額よりも少ない報酬額となってしまうこともあるので、注意が必要です。自分がもらえる報酬金額は「クラウドワークス」も「ランサーズ」も契約前に確認することができます。

金額の確認をしてから契約または依頼をするようにしてください。

仕事で必要なツールを準備しておく

「クラウドワークス」でも「ランサーズ」でも仕事で必要なツールを準備しておくことが大事です。仕事で必要なツールはパソコンやネット以外にも、連絡用のチャットアプリや仕事の案件を確認するGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどです。

初心者でも、これらのツールを準備しておかないと、仕事をスムーズに受注できず、仕事を受注してもらいにくくなります。「クラウドワークス」や「ランサーズ」を利用し始めてからでもいいですが、準備はしておくようにしてください。

支払いや入金の確認

「クラウドワークス」や「ランサーズ」で仕事を完了して報酬を得ることができても、報酬金額はそれぞれ独自の口座に入金され、自分の口座に直接入金されるわけではありません。

自分の口座に入金してもらうには、自分の口座を登録する必要があるので、銀行口座を登録しておくことが大事です。ただ、銀行口座に入金するときは手数料を取られてしまうことになるので、その点は注意が必要です。

また、クライアントは支払いをするときにクレジットカードが必要なので、クレジットカードを発行しておくこともおすすめです。

クラウドワークスもランサーズどちらも利用してみる

「クラウドワークス」と「ランサーズ」どちらも在宅ワークをするときに利用できるサイトです。双方共にメリットとデメリットがありますが、どちらにも登録して仕事に依頼や受注をしてみるのも1つの方法です。

どちらも登録は無料で行えるので、両方とも使用してみて自分の利用しやすい方を選ぶこともできます。

ぜひ、「クラウドワークス」や「ランサーズ」の利用を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました