スポンサーリンク

スポンサーリンク

在宅ワークのテープ起こし相場とは?メリットも紹介

在宅ワーク
スポンサーリンク

在宅ワークでは、いろいろな仕事をすることができ、仕事の受注によっては高額な案件もあります。仕事は初心者が行えるものから上級者が行えるものまで揃っており、自由に選ぶことができますが、その中でもテープ起こしという仕事もあります。


この仕事を受注することも可能ですが、「テープ起こしの仕事」を選ぶときに「テープ起こしの相場とは?」と単価が気になる人は多いはずです。
テープ起こしの相場について紹介していきましょう。

テープ起こしの相場はいくらほど


在宅ワークで「テープ起こしの仕事を行なってみたい」と思う方もいるはずですが、気になるのは「テープ起こしの相場金額とは?」という部分です。
テープ起こしの相場が高いのか低いのかにより仕事のやる気は違ってきますね。
テープ起こしの仕事は以下の2つにより単価が決まってきます。

音声データの長さ


音声データの長さにより相場は変わってきます。大体音声テープの相場は1分で70〜90円ほどの相場になっています。

しかし、1分ほどのテープ起こしをするときは音声データの長さによって変わってきます。例えば、テープ起こしをするときに30分ほど行うものもあれば、1時間ほど聞いてテープ起こしをしなくてはいけないこともあります。

そのため、相場の料金1分70〜90円で30分ほどテープ起こしをした場合、30分で2,100〜2,700円ほどの収入を得られる計算となります。

1時間行うなら4,200〜5,400円となるので、テープ起こしを仕事は時給に換算するなら、かなりの収入を得ることができます。

文字数によって変化する

テープ起こしをする場合は時間以外に文字数によって変化することもあります。文字数も案件によっていろいろありますが、1時間で執筆しなくてはいけない文字数は大体1万4,000文字ほどと言われています。

1万4,000文字を1時間で執筆するなら、1分間で230文字ほどを書かなくてはいけません。1分間で230文字を執筆するならタイピングがかなり早くなくては執筆することができません。

ただ、クラウドワークスで提示されている案件は必ず1万4,000文字を執筆するべきではなく、2,000文字程度で執筆できるものもあれば、500文字ほどで執筆できるものもあります。

文字数によって記事の単価を決めているなら、文字数が多いほど高単価の案件となるため、テープ起こしで収入を得ることも考えることができます。

テープ起こしは本当に高単価?

テープ起こしをして収入を得ることを検討することができますが、「時給12,000円ほど稼ぐことができるの?」と疑問を感じる人もいるはずです。

テープ起こしの収入については以下の通りです。

初心者がテープ起こしでもらえるのは1,000円以下

初心者がテープ起こしをした場合、収入は低いと予想されます。初心者がテープ起こしをする場合、まずはタイピングのスキルが求められます。

記録された音声を文字起こしするにはタイピングの速さが求められますが、初心者の場合は録音のスピードについていけず、タイピングが間に合わない可能性があります。

また、仮にタイピングの速度が速くても録音音声を文字起こしするには、前後のやり取りから内容を理解し、言葉で省略されていることを文章にすることも求められます。

そのため、初心者の場合は何度もテープを聞き直すことや修正をしていく時間もあるため、手間がかかって1時間1,000円以下となることが多いです。

手間がかかれば、さらに時給が減り500円以下となることもあります。

上級者であれば時給2,000円以上も可能

経験を積んだ上級者であれば、時給2,000円以上も可能になります。上級者となればタイピングの速さも速くなり、テープ起こしで雑音や私語を聞き分けながら文章を書いていくコツが理解できるようになるからです。

テープ起こしは時給に換算すると大体4,200〜5,400円ですが、文章の打ち合わせで通話したり、クライアントの意向を聞くこともあるので、それらを仕事時間に換算すると時給は下がります。

しかし、上級者であれば実績や経験から大体時給2,000円以上とすることができるので、上級者になれば収入をある程度確保することができます。

テープ起こしを行うメリット

テープ起こしをして収入を確保するためには、ある程度の期間が必要になるでしょう。しかし、テープ起こしを行うことはメリットもあります。

メリットは以下の2つになります。

自由な時間に仕事ができる

テープ起こしの時間は自由に行うことができます。案件をクライアントから受注した後は自分で仕事の時間を調節して納期までに間に合わせられれば問題ありません。

作業する時間は朝でも昼でも夜でもいつの時間帯でも行うことができるので、自分の空いている時間を有効活用して仕事を行うことができます。

決まった時間に仕事をすることが難しい主婦の方もテープ起こしであれば比較的簡単に行うことができるはずです。

パソコンだけで準備が楽

テープ起こしの仕事をするときは基本パソコンとインターネットだけになります。そのため、準備する道具に費用はかからず、簡単に始めることができます

パソコンを準備すれば、後はクライアントから送られてくる録音音声を元にワードなどで文字起こしをしていくだけです。

パソコンの基本的な使い方を知っていれば仕事は行うことができるので、パソコンの知識やスキルが初心者でも問題なく始めることが可能です。

テープ起こしの仕事も1つの良い方法

テープ起こしは仕事としては在宅ワークでもいい仕事になるので、テープ起こしの仕事をしてみることができます。

始めはテープ起こしの仕事も経験がないので戸惑うことが多く、時給に換算すると少ない金額となるかもしれませんが、テープ起こしも時間が経つにつれてやり方を理解して時給を上げていくことができます。

何か在宅ワークを始めようと考えているなら、テープ起こしの仕事を開始することも良い方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました