スポンサーリンク

スポンサーリンク

テープおこしの時給の上げ方とは?初心者には3つの対策がおすすめ!

在宅ワーク
スポンサーリンク

在宅ワークを行うときに「テープ起こしで収入を得たいと思っている人もいるはずです。テープ起こしは録音音声を文字起こしする仕事ですが、案件によっては時給が2,000円以上になることもあるので、テープ起こしで収入を得ることも計画できます。

ただ「テープ起こしの仕事は本当に割りの良い仕事なの?」とテープ起こしの仕事の収入に疑問を感じる人もいるはずです。実際にテープ起こしは初心者ではうまく稼ぐことが難しいと言われているので、収入を上げる方法を知ることが大事です。

その内容について紹介していきましょう。

初心者の相場が低い理由

初心者はテープ起こしの相場が通常よりも低く、時給500円または500円以下になることもあります。

どうして初心者の相場は時給が低いのか、それには理由があります。

タイピングが遅い

テープ起こしは録音音声を聞いて文字起こしをするため、タイピング技術が特に大事です。文字起こしのタイピングは基本的に1分間に200文字ほどを打ち込むほどのスピードが必要であり、タイピングのスピードが遅いなら、それだけ時間がかかることになります。

普段からパソコンでタイピングを行なっている人であれば、ある程度の速さで文字を打つことができるかもしれませんが、パソコンに不慣れな人であればタイピングの技術から始める必要があるので、テープ起こし1つの仕事でもかなりの時間を有することになります。

知識が必要になる

テープ起こしを行うときはある程度の知識が必要になります。テープ起こしの内容はいろいろあり、インタビュー記事をまとめる仕事や会議の内容をまとめる仕事などがあります。

内容としてはビジネスの内容から経済の内容など、ある程度の専門知識が必要になるため、知識を常識の範囲内で得ておく必要があります。

もし、あまりビジネスや経済に関して興味がなかったり知識が少なかったりするなら、調べる時間も必要になるのでテープ起こしの作業はなかなか完了させることができません。

普段から経済のニュースやビジネス雑誌などを軽い程度読んでいたり見ていたりするなら、ある程度の知識は得ることができているはずなので、テープ起こしをする場合は社会の常識や情勢について理解しておくようにしましょう。

テープの速度に付いていけない

音声速度に付いていくことができないこともあります。録音で人の話すスピードはいろいろあり、話す速度が早いと文字を打ち込んでいる間に次の話に展開していることもあります。

何度もテープを再生して話を聞くことができますが、話すスピードが速くて文字を打ち込むスピードに手間取るなら、タイムロスが多くなり1つの案件を完了させるのにかなり時間がかかってしまうことになります。

録音速度の速さから作業をスムーズに行えないこともあります。

テープ起こしの収入を上げるために

テープ起こしの収入を上げるためにはタイムロスをできるだけ抑えることが必要です。テープ起こしは、やり方を変えるだけで効率を上げることができ、収入を確保することができるようになります。

どのようなやり方を行うことができるのか紹介していきます。

話をすべて聞く

文字起こしをするなら、音声を再生しながら文字を打ち込んでいくことが多いはずですが、初心者では話を聞きながらタイピングで文字を打ち込むのはかなり苦戦します。

そのため、始めは音声だけを聞いて話の内容を頭に入れておくのが良い方法です。話を先に聞くことで

・誰が話をしているのか

・何人ほどで話をしているのか?

・要点は何か

という点を理解することができるようになります。

話の大筋を先に理解しておくと、文字を打ち込むときに準備をすることができているので、再生する回数も減らすことができ、文字起こしをスムーズに行いやすくなります。

話を聞いているときに、録音されている音声の人数やテーマ、要点をメモしておくと、さらに効率を上げることができるはずです。

分からない言葉は調べる

テープ起こしをする前に録音再生して、もし分からないことがあるなら言葉を調べておくことも大事です。録音の内容が経済やビジネスなどであれば専門用語が出てくることもあり、先に予習をしていても再生を聞いていると分からない単語が出てくることもあります。

もし、分からない単語をそのままにして文字起こしをするなら、内容が理解しにくくクライアントから修正を要求されることになります。

分からない言葉が出てくればテープを止めて、まずは用語の意味を調べるようにしましょう。調べていくなら知識は増えていき上級者向けのテープ起こしの案件を行うことができるようになります。

ソフトを使用する

テープ起こしの仕事では録音を何度も聞くことがあります。そのため、再生を何回も自分で止めることやスピードを調整することをしていれば、かなりタイムロスしてしまい、仕事をスムーズに行うことができません。

そのため、ソフトを使用して自分が聞き取りやすい速度に調整することができます。ソフトを使用して自分のタイピングに合わせれば「一時停止や「巻き戻し」の回数を大幅に減らすことができ、効率化が向上します。

使用できるソフトは

・テープ 起こしプレイヤー

・Okoshiyasu

などがあります。

ソフトの使用も考えてみてください。

テープ起こしの収入を上げるには継続して経験を積む

テープ起こしので収入を上げるには継続することが大事です。継続して経験を積んでいけば慣れてくるはずなので、タイムロスを減らしていくことができます。

初めは手探りで作業をしていくので、分からないことが多く、時間がかかるのは仕方がないと思っておいた方がいいですね。しかし、タイピングの速さや用語、音声に速さに慣れてくれば、テープ起こしで時給を上げていくことができ、時給2000円ほどにすることも可能です。

ぜひ、テープ起こしを継続して行うことができるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました