スポンサーリンク

スポンサーリンク

30代でフリーランス転身のリスクとは?成功するコツを知っておこう

フリーランス
スポンサーリンク

会社員として仕事をしていても働き方や自由度を求めてフリーランスへの転身を考えるかもしれません。特に30代になれば経験やスキル、知識なども増えてくるので、「フリーランスとして働くべきか?」と真剣に考えることが多いです。

フリーランスになるときにメリットやデメリットを考えるはずですが、1番心配に思うのは「30代でフリーランスに転身して大丈夫なのか?」という点かもしれません。30代でのフリーランス転身について内容を紹介していきます。

30代でのフリーランス転身のリスク

30代でフリーランスに転身するなら、「どんなリスクがあるのか?」と心配するかもしれません。30代でのフリーランスのリスクについては以下のような点があります。

再就職が厳しい

30代でフリーランスとして働くことを決意した場合、スムーズに収入を確保できれば問題ありません。しかし、フリーランスとして収入が少ないなら再就職を考えるかもしれませんね。

ただ、30代でフリーランスから再就職となると、採用してくれる会社は少数となってしまうので、再就職が厳しくなります。30代の再就職となると高いスキルを求められることになるので、スキルが低い人であれば再就職も難航します。

30代でフリーランス転身となると再就職は難しくなるので、その点は考慮しておきましょう。

体調管理に注意する

30代でフリーランスに転身するときは、体調管理に注意しておくことも大事です。30代になれば20代と違い無理をすると体調を崩してしまうことがあります。

もし、体調を崩してしまうと会社員の場合は福利厚生があるので、補償から収入を確保できます。しかし、フリーランスの場合は福利厚生がないので、補償を得ることができず収入がなくなってしまうこともあります。

収入がなくなってしまうと、生活を維持することが困難となります。仕事と休暇のペース配分のバランスを考えておくなど、体調管理は徹底しておきましょう。

家族から反対されることも

30代になれば、すでに結婚して家庭を持っている人もいるかもしれません。家族がいる中でフリーランスとして転身することを決めたなら、家族から反対される可能性も生じます。

なぜなら、フリーランスは収入面で不安定さがあり、成功する保証がないからです。家族としては、収入が安定している会社員からフリーランスに転身となるとリスクが大きくなるので、反対される可能性も高いです。

また、フリーランスとなるなら出費も発生するので、生活が圧迫されることを懸念されることもあります。そのため、フリーランスとして成功するための自信があっても家族から反対されてしまい、反対を押し切って転身するとトラブルの元になることもあります。

家族がいる人は家族の了承を得られるようにすべきですね。

30代でフリーランスを成功させるには

30代でフリーランスの転身を成功させるには、3つのポイントを考慮してみることができます。以下の点をご覧ください。

副業で試してみる

まずは、フリーランスで行おうとしている仕事を副業で試してみることができます。副業で仕事を行なうことで、実際にフリーランスとして収入を確保できるのか確認してみることができます。

例えば、物販系の仕事でフリーランスとして働くときに、まずは土日などの休日を利用して副業として物販の仕事をして収益を計算してみます。副業でも物販の売上が大きいなら、フリーランスとして本業に変えても収入を確保できる可能性が大きいですね。

副業で収入が少ないなら、何を改善すればいいのか対策を立てることができ、フリーランスになる前に問題解決を行うことができます。

フリーランスとして仕事が行えるのか、まずは副業という立ち位置から行なってみることができます。

エンジニアのスキルを習得しておく

フリーランスとして転身する前に、エンジニアとしてのスキルを習得しておくことができます。エンジニアとしてのスキルとは、主にプログラミングやパソコンのスキルになります。

プログラミングやパソコンのスキは需要が高く、必要とされているスキルです。もし、フリーランスとしてプログラミングやパソコンのスキルがあれば、仕事の案件も受注しやすく、1つの案件の収入も大きいので、収入を確保しやすいです。

仮に、フリーランスとして収入が確保するのが難しくなったとしても、再就職する確率が高くなるので、習得しておいて損がありません。

プログラミングやパソコンのスキルは、プログラミングスクールで勉強する必要があります。フリーランスに転身したい人は考えてみることができます。

生活の規則を定める

フリーランスとして仕事を始めるなら、生活の規則を定めておくことも大事です。フリーランスは自分で仕事の計画や自由な時間を決めることができます。しかし、自由に決定できるために、基準を作っていないなら生活が乱れてしまうことになります。

例えば、昼まで寝ること、深夜に暴飲暴食してしまう、仕事が忙しくて朝と昼の食事を抜くなどです。生活リズムが乱れてしまうと仕事に集中できなくなるだけでなく、体を壊す原因にもなるので、基準を決めて生活リズムと健康を守ることが大事です。

例えば、朝8時には起床する、仕事の時間は4〜6時間行う、1日3食の食事を摂るなどです。生活リズムが狂ってしまわないように計画しましょう。

30代のフリーランス転身は計画的に

「30代でフリーランスに転身しよう」と思うなら、計画的に行なっていく必要があります。フリーランスに転身すること自体リスクを伴います。そのため、リスクを最小限にしていくためには計画性が大事です。

30代でフリーランスに転身する人も多くいるので、年齢によるフリーランスの転身は問題はありません。ぜひ、フリーランスのメリットを得ることができるように行動していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました