スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスで営業は大事!種類と効率の良い方法とは?

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスとして仕事をしているなら、仕事の営業方法について考える必要あります。フリーランスは会社員のように「今日の仕事はこれ」というように決められているわけではありません。

そのため、フリーランスとして営業活動をして仕事の受注をしていかないと、仕事が0となり、収入を得ていけません。「ただ、どのように営業をしていけば良いの?」と疑問を感じる人もいるはずです。

フリーランスの営業方法について紹介していきましょう。

フリーランスの営業方法とは

フリーランスとして仕事をしていくなら営業をしていく必要もありますが、気になるのは「どんな方法で?」という点です。

フリーランスの営業方法は1つではありません。その方法は以下の点を確認してください。

エージェントに登録

フリーランス向けのエージェントがあるので、エージェントサイトに登録して仕事を見つけることができます。エージェントサイトに自分のスキルや知識、資格などを登録しておけば、後はエージェントが自分に合った仕事を探してくれます。そのため、営業はエージェントに任せておいて大丈夫です。

フリーランスで働いている人はエージェント登録しておけば、後は案件を待つのみなので、営業方法としても簡単です。また、エージェント登録は無料で行えるところが多いので、登録料を取られる心配もありません。

登録するときは電話で働き方や仕事内容について打ち合わせがあるので、そのときに自分の希望を話しておくことができます。

クラウドソーシングサイトを利用

フリーランスとして働くときは、クラウドソーシングサイトを利用して営業を行うことが多いです。クラウドソーシングサイトには「例えば、クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

これらのサイトには自分のプロフィールを作成できます。プロフィールに自分のスキルやアピールポイント、またポートフォリオなどを掲載しておくと、クライアントから受注を依頼される確率が高くなります。

また、仕事を探すときはジャンルごとに仕事を探すことができます。自分の気になった仕事や依頼して欲しい案件は応募して営業することができます。営業方法は難しくなく案件はたくさんあるので、利用しやすいです。

SNSやウェブサイトで営業

SNSやウェブサイトを構築して自分の仕事を宣伝することもできます。SNSやウェブサイトで自分のスキルや仕事内容などを掲載しておくと、仕事を依頼したいクライアントから仕事依頼が発注されやすくなります。

ただ、SNSやウェブサイトで宣伝をするためには、時間もかかり構築費用なども発生するため、費用をかけてまで営業をしたくない人は抵抗を感じるかもしれません。

また、ウェブサイトで宣伝しようと思えば、ある程度の実績やスキルが必要になります。そのため、プログラミングやWebデザイナーなど、スキルの実績がある人はこの方法で営業することを考えてみてください。

フリーランスで効率よく営業するには

フリーランスで営業を行い案件を獲得するには効率よく行う必要があります。どのような方法で効率よく行うことができるのか内容を紹介していきましょう。

クライアントにお礼を兼ねて依頼を促す

クライアントから仕事をもらい納品して完了できれば、お礼のメールを返信しておくことをおすすめします。お礼のメールを返信しておけばクライアントも気持ちが良くなります。そして「またこの人に仕事をお願いしようかな」という気持ちになりやすくなります。

そのため、仕事が終われば終了ではなく、クライアントにお礼を兼ねて依頼を促してみるのも1つの良い営業方法です。例えば、「依頼ありがとうございました。また依頼があれば、ぜひよろしくお願いします。」という風にメールでお礼を兼ねたメールを送信できます。

1度仕事をしたクライアントに営業を行えば、継続的に仕事ができるようになり、収入の安定につながります。

直接企業などに申込む

直接企業に申込みをして営業をするのも良い方法です。企業などの公式サイトに行くと仕事を募集していることがあり、その募集に直接依頼をすると、受注率が上がります。

また、募集をしていなくても直接仕事の依頼を申し込むことで、「この人に任せてみようかな」と考慮してくれやすいので、依頼をしてくれる可能性が高いです。

クラウドソーシングサイトから仕事の依頼を申込むより、直接企業に申込む方がスムーズに仕事の契約を結べます。そのため、自分に合った仕事の案件を見つけたなら直接企業に申込んで営業した方が効率がいいですね。

ポートフォリオを作成しておく

営業の際にポートフォリオを作成しておくことがおすすめです。ポートフォリオを作成しておくと、自分の実績やスキルをクライアントに見せることができるので、アピールすることができます。

ポートフォリオの有無によって、クライアントも能力の確認や信頼性を持てるようになり依頼をしやすくなります。

ポートフォリオは自分の職種によって内容が変わってきます。例えば、プログラミング系ならアプリやサイトなどをポートフォリオとして提出できます。ウェブデザイナーは画像ののデザインなどをポートフォリオとして提出できます。

ポートフォリオを作成しておくと、クライアントからの受注率は上がるので、営業するときは先に作成しておくのがいいです。

フリーランスの営業はいろいろ活用しよう

フリーランスの場合は仕事を得るために営業することが大事です。しかし、営業するためには、1つの方法ではなく複数の方法で行うことがおすすめです。

1つの営業方法では、仕事の案件を得ることが難しく、思うように仕事を得ることができないことが多いからです。そのため、エージェント登録やクラウドソーシングへの登録などで営業は複数で行なって案件獲得率を上げましょう。

フリーランスで収入を安定させるためにも、仕事のスキルだけでなく営業のスキルも上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました