スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスは仕事計画が重要!3つのポイントと得られるメリットとは

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスとして仕事をしているなら、「どのように計画を立てればいいの?」と計画のやり方に疑問を感じてしまうこともあるはずです。

フリーランスは自由に仕事が行えますが、会社員のように仕事の計画が決まっていないため会社員からフリーランスに転身したときに戸惑ってしまうこともあるはずです。

フリーランスとして仕事の計画を立てるためにはポイントを押さえておく必要があります。どのようなポイントを押さえておくことができるのか紹介しましょう。

フリーランスで計画を立てるためのポイント

フリーランスの仕事の計画を立てるためには、ポイントを押さえておくようにしましょう。どのようなポイントを押さえる必要があるのか以下の点を確認してみてください。

納期までの日数を計算

フリーランスの計画のポイントは納期までの日数を計算することです。クライアントから仕事を受注したなら納期の設定をされるはずです。そのため、納期と自分の仕事のスピードを確認して作業していく必要があります。

例えば、クライアントからライティング業務の案件を依頼され、1ヶ月で2000文字の記事を20記事作成するとします。自分が2000文字の記事を作成するのに、1〜2時間かかり、1日に1記事作成していくなら、納品には20日かかります。

1ヶ月以内であれば十分に時間が取れるので焦ることはないですが、この日数が15日となれば、1日1記事作成では間に合わないので、1日に2〜3記事作成する必要があります。

このように納期までに仕上げる日数と自分の作業スピードを確認するなら、仕事の計画は立てやすくなります。

収入と時間のバランスを確認

収入と時間のバランスを考えて計画していくことも大事です。フリーランスは時給ではなく報酬制で仕事を受注することが多いはずです。そのため、目標の収入を得るのに、どれくらい時間が必要なのか確認しておきましょう。

例えば、1つの案件を受注して完成まで10時間ほどかかったとします。そして、収入が3万円ほどであれば、時給に換算すると時給3,000円ほどになります。

自分の生活の基準値にもよりますが、30万円の収入が欲しいなら、時給3,000円ほどのペースで

  • 月100時間仕事をする
  • 仕事時間は1週間25時間ほど
  • 大体1日8時間の仕事を3日行う

という計画になるはずです。

しかし、仮に半分の時給1500円で30万円の収入を得ようと思うと、

  • 1ヶ月の仕事時間は大体180時間が必要
  • 1週間大体45時間働く
  • 1日8時間の仕事が5.5日

という計画になり仕事の時間が増えてしまいますね。

当然ですが、仕事時間が増えれば他の予定を入れることは難しくなります。仕事の時間と収入の仕事時間のバランスはしっかり考えていきましょう。

仕事と休暇のバランスを考える

仕事と休暇のバランスも考えておくようにしておきましょう。フリーランスとして仕事を毎日行うのはとてもしんどいので、時には休暇も必要になります。そのため、どのように休暇を入れるべきかを考えておくことが大事です。

例えば、週に仕事を40時間するなら1日8時間労働を5日行うか、または10時間労働で4日行うかにより休暇の取り方は変わってきます。

1日8時間労働は

  • 週5日の仕事、週2日の休み
  • 時間は大体8時〜17時で1時間休憩

という形になりますね。

もし、1日10時間労働で17時に終わらそうとすると、

  • 週に4日の仕事、週3日の休み
  • 朝6時〜17時で1時間の休憩

となります。

ただ、1日の労働時間は長いですが、週に3日の休みを取ることができます。

フリーランスは1日の仕事時間や週の仕事時間は自分で決めることができます。どんな方法でもいいですが、無理をすると長く続けていくことは難しくなります。

自分に合った休暇と仕事のバランスを考えましょう。

フリーランスで上手に計画できたときに得られるメリット

フリランスは計画をしっかり行うことが大事です。もし、フリーランスで仕事の計画が上手にできれば3つのメリットを得ることができます。3つのメリットは以下のようになります。

仕事のストレスが軽減

仕事のストレスを軽減することができます。もし、フリーランスとして働いているときに仕事の時間が長くなれば、ストレスが大きくなるので、体の健康被害や精神的な負担が大きくなります。

しかし、仕事の時間と休息の時間のバランスが取れているなら、仕事のストレスは大きく感じず、ストレス発散のための時間もたくさん取ることができるので、ストレスはかなり軽減されます。

仕事のストレスは少ないなら、フリーランスの仕事は継続しやすくなるので、収入の安定にもつながります。

「仕事のストレスが大きい」と感じるなら、再度計画を見直してみることにしましょう。

時間を効率的に使える

フリーランスの仕事がうまくいけば時間を効率的に使うことができます。

例えば、フリーランスで仕事をするときに仕事に追われてしまうなら、週の大半は仕事に時間を費やすことになります。

フリーランスになった目的が「仕事をバリバリしたい」と言う考えであれば時間を効率的に用いているので問題はありませんが、自分の時間を作りたい人にとっては負担となってしまいますね。

フリーランスとして仕事の計画をしっかりできているなら、自分の趣味の時間と仕事の時間を効率的に用いられているので、満足感を味わうことができます。

もし、時間の使い方に不満があるなら、効率的に時間を用いていないことになるので、見直しが必要です。

仕事が楽しくなる

フリーランスとして仕事の計画を上手く立てることができているなら、仕事が楽しくなります。仕事と自分の時間のバランスがうまく整っているためです。

自分の時間を作りたくても仕事が忙しくて時間が取れないなら、ストレスが大きくなって「仕事が嫌だ」と感じるようになりますね。

仕事を詰め込みすぎていると、それが負担となってフリーランスの仕事を続けられなくなってしまうことがあります。

そのため、フリーランスの仕事を続けていくには「仕事が楽しい」と思うことが必要であり、計画をしっかり練って負担を軽減させていくことが大事です。

そのため、「仕事が嫌になってきている」と感じるなら、それは計画がうまくできていない可能性があるので、見直してみることが必要でしょう。

フリーランスは計画性がとても必要なスキル

フリーランスで仕事を始めるときに仕事のスキルを重視する人もいますが、計画性は必ず習得しておくべきスキルです。

仕事のスキルが良くても、計画性のスキルがないなら、長くフリーランスを続けていくことは厳しくなります。

フリーランスで長く仕事を続けるなら、自分の負担を軽減して楽しく仕事ができるように計画する必要があります。

そのため、ぜひ計画のスキルも向上させるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました