スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスのリスク分散のメリットとは?ポイントも押さえておこう

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスや個人事業主の場合、仕事をして収入を得ていても、毎月安定して仕事を得ることができないこともあります。フリーランスや個人事業主として仕事を一本化でしていると、その仕事が無くなれば収入が途絶えることになるので、リスクが大きくなります。

そのため、仕事はリスク分散させる必要があり、リスク分散するなら仕事を複数持っておくことが大事です。ただ、「リスク分散はどのようにすればいいの?」と疑問を感じる人もいるはずです。

リスク分散の内容を紹介します。

フリーランスがリスク分散を行うメリット

フリーランスのリスク分散を行うことはメリットがあります。フリーランスのリスク分散のメリットを知ると利用をしやすく感じるはずなのでに、内容を紹介していきます。

収入のリスクを軽減できる

フリーランスとして仕事をするときに1つの仕事のみあれば、上記で記したようにその受注がなくなれば収入が無くなり、収入が途絶えるリスクが高いです。しかし、リスク分散として仕事を2つ以上持っていると、1つ仕事の受注が無くなっても完全に収入が無くなることはありません。

そのため、仕事の受注が無くなっても焦ることはなく、精神的にも安心感を得やすくなります。ただ、フリーランスに転身したばかりであれば、「2つ以上の仕事を持つことは難しい」と考えるかもしれませんね。

例えば、本業がウェブデザイナーであれば、2つ目の仕事は活動が少ない仕事でも問題ありません。投資系の仕事であれば、時間をかけずに作業ができるので負担も少ないはずです。

自分の状況に合わせて2つ目の仕事を選ぶことで、負担を減らして収入のリスクを軽減することができます。

自分の精神面が気分転換できる

フリーランスとして活動するときに、仕事を2つ持ってリスク分散しているなら気分転換となることがあります。1つの仕事のみであれば、その仕事の作業で行き詰まったときに、精神面に大きなストレスを生じさせることがあります。

精神的にストレスが発生したときに趣味で発散させることができますが、いつも趣味でストレスを発散できる状況とは限りません。しかし、2つの仕事を持ってリスク分散していれば、2つ目の仕事で気持ちを一旦リセットさせることができます。

仕事の種類が変われば気持ちも変わることが多いので、リスク分散していることが仕事の効率を上げることがあります。リスク分散を仕事のストレス軽減のために利用するのも1つの良い方法です。

いろいろなスキルや知識が身に付く

リスク分散で2つ以上の仕事をするなら、他のスキルが身に付くことがあります。リスク分散のために仕事を2つほど行っていれば、自分がメインにしている仕事のスキルはもちろん、副業の位置付けでしている仕事もスキルが自然と身に付いてきます。

もし、リスク分散で同じジャンルの仕事をしているなら、スキルが身に付いたときに相乗効果を得られる可能性があります。

例えば、同じパソコンを使用した仕事であれば、パソコンスキルについての知識やタイピング、ソフトの使い方が理解でき、仕事の効率を向上させることにつながります。

スキルが身に付けば仕事の幅やクオリティも向上するので、リスク分散のメリットと言えます。

リスク分散を行うときのポイント

リスク分散をするときはポイントを押さえておくことが大事です。ポイントを押さえておかないと、自分にとってデメリットが大きくなり、リスクの拡大となることがあります。

ポイントは以下の点を確認しておくといいです。

仕事バランスを考える

リスク分散を行うときに仕事を2つ持つなら、仕事バランスを考えるようにしましょう。収入確保のために2つの仕事を始めてリスク分散したとしても、2つの仕事で両方忙しくなってしまうなら、仕事の質も低下して、体力面も厳しくなります。

そのため、自分のスケジュールや体力などを考えて仕事を選ぶ必要があります。リスク分散するときに選べる仕事はいろいろあり、例えば、アルバイトや投資、在宅ワークのアフェリエイトやスキル販売などがあります。

ただ、フリーランスでリスク分散するなら、おすすめは自由がきく投資や在宅ワークがいいです。フリーランスの場合は急に仕事の受注が入ることがあり、アルバイトだとうまく計画ができないこともあります。

投資や在宅ワークは自分の計画に合わせて仕事量が調節しやすいので、リスク分散を行いやすいですね。

仕事の収入を見極める

仕事の収入面も見極める必要があります。リスク分散で選んだ仕事の収入が少ないなら、リスク分散の意味があまりないです。そのため、リスク分散するときはある程度の収入を確保できる仕事を選ぶべきです。

例えば、リスク分散で内職を選んだとしても、内職は頑張っても1万円ほどしか収入が得られません。リスク分散で選ぶ仕事としては収入が弱いですね。

そのため、自分の状況に合わせて最低必要な収入を計算しておき、それに基づいてリスク分散の仕事を選ぶようにしましょう

自分似合っている仕事を選ぶ

リスク分散で選ぶ仕事は自分に合っている仕事を選ぶようにすべきです。自分に合わない仕事を選んでしまうとストレスが大きく、仕事自体に嫌気がさしてしまいます。

リスク分散は収入を確保するためとは言え、本業として選ぶ仕事ではないので、自分が継続して行える仕事内容を重視した方がいいです。大きなストレスを感じない仕事を選ぶようにしましょう。

リスク分散は計画して行おう

フリーランスでリスク分散のために仕事を2つほど持つなら、リスク分散のポイントを押さえることが大事ですが、特に計画性を重視しましょう。リスク分散で選んだ仕事が忙しくなって本業に手が回らなくなれば、リスク分散になりません。

フリーランスのリスク分散は、本業の仕事が無い期間でも収入が得られるようにするための予備のようなものです。

そのため、フリーランスの本業の経営が悪いなら、そちらを改善することが大事です。リスク分散は賢く計画的に行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました