スポンサーリンク

スポンサーリンク

30代で公務員に転職する方法とは?注意点も考慮して選択しよう

転職
スポンサーリンク

30代は人生の転機として、仕事を選択し直す人もいます。会社勤務をしていても「収入がなかなか増えない」、「仕事の時間が長くて自由な時間が確保できない」と悩む人も多いです。

ただ、仕事を転職するなら、今の仕事よりも良い仕事場を選びたいはずです。そのため、仕事が安定している公務員の転職を考えるかもしれません。しかし、30代で公務員の転職は可能なのか?」と疑問を感じる人もいるはずです。

30代からの公務員の転職について紹介していきます。

30代の公務員への転職方法

30代でも公務員に転職することは可能です。ただ、公務員への転職をするなら転身する方法について知っておくことも大事です。以下の方法で公務員への転職が行えます。

民間企業経験者枠に応募

民間企業経験者枠は、民間企業で働いてきた経験を公務員で活かすことができます。この枠での応募は年齢による上限が59歳までとなっており、30代なら十分応募資格を得ています。

また、民間企業経験枠の応募には、一般事務や専門職など幅広く利用されているので、自分の得意とする仕事を見つけることも可能です。

30代であれば企業で経験や実績、またスキルを習得しているはずなので、面接の際にその点をアピールすることで採用される確率も上がります。スキルはビジネスマナーや専門に特化した知識などでも十分なアピール材料となります。

企業で何か実績や経験などのアピールを持っている人なら、民間企業経験者枠で公務員への転職を考えてみることができます。

地方公務員へ応募

地方公務員へ応募してみることもできます。地方公務員は自治体が独自に実施する枠であり、一般募集や大卒募集とされていることが多いです。

30代であれば一般募集から応募してみることができますが、自治体によって募集内容に違いがあるので、年齢制限が設けられている場合は30代でも応募できるのか確認しておくことが大事です。

地方公務員の採用には筆記試験と面接により採用が決まり、公務員として働く知識があるのか確認されます。出題される内容は地方によって異なりますが、上級職になると専門的な知識が必要になるので、問題が難しくなっています。

初級職であれば問題は易しくなっているので、自分のスキルや知識に合わせて受ける公務員試験を選択しましょう。

30代で公務員に転職する注意点

30代でも公務員に転職することは可能なので、公務員として働きたい場合は考えてみることができます。しかし、30代で公務員に転職するときは注意点もあります。その内容について以下の点をご覧ください。

30代の公務員は限定的

30代の公務員は限定的となっているので、公務員としての仕事の選択の幅が少ないことがあります。まず、国家公務員は30歳以下になっているので、30代で国家公務員となることができません。

そのため、公務員として働くなら自治体よる募集から仕事先を選ぶ必要があります。しかし、自治体によっても公務員は年齢制限をしており、32歳以下、35歳以下と30代でも限定しています。

30代の公務員として働き先はあっても公務員として選択する幅は少なく、自分のスキルを活かせる仕事に就ける可能性は20代よりも低くなります。

応募ができても筆記試験や面接を受ける必要があるので、公務員として採用されるにはハードルが高くなっています。

給料が低いことも

公務員として働くなら給料は安定しているので、収入面に期待する人も多いはずです。しかし、給料が安定していること=給料が高いという図式にはなりません。

公務員として仕事をすることができても、仕事によっては給料が低く設定されていることもあります。そのため、会社員から公務員に転職できたとしても、給料は会社員の時よりも低く、収入に不満を感じる場合もあります。

また、公務員は給料が年数によって上がっていきますが、30代だと収入が上がるまでにかなり年数を待たなくてはなりません。給料が低くても残業が少なくなる、休日を確保できるなどのメリットに焦点を当てているなら問題はありません。

しかし、収入に焦点を当てているなら、よく確認しておくことが大事です。

仕事のイメージが違う場合もある

公務員に転職できたとしても、仕事のイメージが自分が思っていたのと違う場合もあります。例えば、公務員の仕事は「ゆとりを持って仕事を行うことができる」というイメージを持っているかもしれません。

しかし、公務員の仕事の種類にもいろいろあり、仕事内容によっては時間に追われて作業することもあります。また、事務関係の仕事であれば、常にパソコンを使って作業するだけのこともあり、仕事のやりがいを感じにくいこともあります。

公務員の仕事内容は、求人の内容からある程度理解することができても、詳細な仕事内容は実際に作業してみないと分からない点が多いです。

そのため、公務員の仕事に就けたとしても、仕事のイメージが違い苦労してしまうこともあります。

30代の公務員への転職は慎重に

30代で公務員に転職することは可能です。しかし、公務員に転職する目的についてしっかり熟考しておくことが大事です。公務員になったからと言って仕事にゆとりが持てるようになったり、収入が上がったりすることは確実ではありません。

30代で公務員として応募できるのも限定的なので、仕事内容と自分の希望がマッチしているのかを慎重に考えましょう。もし、「いいな」と思う求人があるなら応募して転職を決断してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました