スポンサーリンク

スポンサーリンク

転職で失敗しやすい人の特徴とは?失敗回避のポイントは何か

転職
スポンサーリンク

今の仕事を辞めて転職することを考えている人もいるかもしれません。転職すれば自分の仕事幅が広がること、また、収入や待遇が良くなるなどいろいろなメリットを得られる可能性があります。しかし、転職しても必ず成功するとは限らず、失敗してしまう可能性もあります。

どのようなことで転職を失敗してしまうことがあるのか紹介します。

転職が失敗してしまう原因とは

転職をして心機一転したくても転職が必ず成功するとは限らず、失敗してしまうことがあります。

どのような原因で失敗してしまうことがあるのか紹介します。

自分のスキルを全く活かせない

転職するときに自分の仕事を生かしたいと思っても、職種が変わればスキルを生かせないことがあります。

例えば、自分は以前の会社でデスクワークをしていたのに、次は介護の仕事に転職しようとするなら、業種が違うので1から仕事を覚えていかなければいけません。

また、業種が違えば求められるスキルに違いも出ます。デスクワークならパソコンのスキルや書類をまとめることが重視されますが、介護職なら車椅子を持ち上げる腕力や急な事態に対応できる応用力などが求められます。

転職をするときは、職種で求められるスキルを確認しておかないと仕事が思うようにいかず失敗してしまうことがあります。

憧れだけで転職してしまう

憧れだけで転職をしてしまう人もいるかもしれません。「自分がやりたかった仕事を今してみたい」、またはテレビなどを見て「この仕事は自分に合っていそうだ」と思い、転職を決めることもあります。

憧れの仕事であれば、「自分は継続して仕事をしていくことができる」、「楽しみながらできる」と思うかもしれませんが、現実と理想は違うことがあります。

例えば、「調理師になって料理をたくさん作ってみたい」と思い転職したとします。しかし、調理師の仕事は料理だけでなく、皿洗いや厨房の掃除なども業務内容となっており、始めは雑用のような仕事が多いです。

また、ホールの接客業をすることが多いかもしれないなど、理想と現実は違いが大きくあります。そのギャップに耐えることができず直ぐに辞めてしまうこともありますね。

そのため、憧れのみで転職をすると、失敗しやすくなります。

今の職場から逃げたい人

今の職場の環境が悪くて「今の職場から離れたい」と思い、転職を決める人もいるはずです。職場環境を変えたくて転職するのは、理由としても多いですが、今の職場から離れたいだけなら失敗してしまう可能性があります。

今の職場から直ぐに離れたい人は、「何でもいいから仕事を見つけたい」と思って焦って決めてしまうことがあります。もし、あまり内容を確認せずに仕事を決めてしまうなら、転職した先の職場でも環境が悪くて以前と同じ苦痛を感じることがあります。

そのため、職場環境を変えて転職する人は焦って仕事を決めることはないようにしましょう。求人の情報を確認して待遇や仕事内容など細かく調べておく必要があります。

待遇だけを見てしまう人

待遇だけを見て転職先を決める人も時に失敗してしまうことがあります。待遇のい求人を見ると仕事のやる気が上がります。

例えば、保証やボーナス制度が付いていること、成果に応じて固定給が上乗せされることなどです。待遇が良ければ、それだけ収入に安心感を持つことができるきるので、転職先候補としては最適と考えます。

しかし、待遇が良くてもボーナス制度は勤務して1年以上経っている人が対象だったり、報酬制度のハードルが高くて達成することが難しかったりすることもあります。

また、待遇は良くても仕事内容は同じ作業の繰り返しなどで仕事のモチベーション維持を行うのが難しいこともありますね。

そのため、待遇だけで転職を決めると後で後悔することもあります。

転職するときに考えておくこととは?

転職するときに失敗してしまうのは、あまり内容を詳しく調べずに決めてしまうことが多いです。

そのため、転職することを計画しているなら、焦らずに慎重に決定することです。どのように慎重に考えればいいのかポイントが2つあります。

内容を紹介していきましょう。

転職エージェントなどを利用し情報を得る

求人の内容だけを見ても、仕事の実際の作業内容や求人の評判などは理解できません。そのため、転職エージェントに登録して、求人情報についての情報を確認することができます。

転職エージェントが持っている案件は、細かい部分まで情報を持っているので、仕事内容や待遇の内容、働くときのメリットやデメリットを聞いて理解することができます。

もし、分からない情報も求人先の会社から情報を聞き出してくれるので、自分の希望通りの求人か確認しやすく、転職する前の準備を万全に行えます。

自分だけの情報では難しくても、専門家に聞くなら詳しく知ることができるので、転職エージェントを利用することもできます。

面接後に詳しく聞く

求人票を見て応募してから面接を受けた後に詳しく聞く方法もあります。面接で合格しても内定を得ているだけで、実際に自分が仕事をすと決定したわけではありません。

そのため、面接に合格したなら、そのときに自分が気になっていることを質問してみて情報を得ることもできます。もしそのときに自分の希望に合わないなら、そこで断ることもでき、新たな求人を探すことができます。

ただ、この方法は面接が合格したときに行うべきであり、面接中に聞くことはおすすめしません。面接中に行うと自分の評価が下がってしまうので、転職したくt目押し断られることがあります。

この点は注意すべきです。

転職に失敗しないようポイントを抑えよう

転職するときに失敗しないようにポイントを抑えておくことは大事です。転職するときは焦らないことが1番なので、冷静さを持って転職先を決めるようにすべきです。

また、転職先の情報もしっかり集めておき、ある程度情報を得てから転職すると失敗する確率も下がります。

ぜひ、ポイントを理解して転職先を探すようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました