スポンサーリンク

スポンサーリンク

30代の転職はリスクもある!成功のポイントを理解しよう

転職
スポンサーリンク

30代になって転職を考える人もいるはずです。30代であれば自分に合っている仕事が分かってきたり、新たな仕事にチャレンジしたい気持ちが強くなったりして、転職を考えることがあります。

30代で転職を行う人も多くいますが、30代で転職を行うときには成功するポイントや注意点を知っておくことが必要です。転職はメリットもありますが、リスクもあります。

そのため30代で転職するときは、どのような点を覚えておくのがいいのか紹介しましょう

30代の転職のリスクとは

30代の転職をするならリスクがあることも念頭に置いておきましょう。リスクを知ることで転職をスムーズに行うこともできます。30代の転職のリスクは以下の通りです。

年齢による採用の厳しさ

30代となると年齢による厳しさがあります。企業にもよりますが、年齢が高くなると会社員として採用が厳しくなる現状となるからです。例えば、自分よりも若い上司が仕事を教えるときです。

若い人が自分よりも年上の人に仕事を教えることは抵抗を感じる人が多いです。また、年上なので上手く注意することができず、仕事を覚えてもらうことに難しさを感じることがあるためです。

そのため、若い人が多い職場だと30代以上の人は採用がしにくい企業もあります。20代に限定して転職の求人を出している企業もあるので、30代という年齢によって仕事の選択の幅が少ないこともあります。

年齢によって転職がスムーズにいかない可能性があることは覚えておきましょう。

求人とは違う仕事内容になることも

転職をするときは仕事内容を見て、「これは自分に合っている」とやりがいを感じる企業に転身を決めることもあります。しかし、転職した後に自分の希望ではない仕事になる可能性もあります。

自分の希望ではない仕事になる理由として、仕事をなかなか覚えることができないことがあります。30代になれば自分の今まで培ってきた知識や経験から新しい仕事を覚えることに苦労してしまうことがあります。

もし、仕事を覚えるスピードが遅い場合は、違う仕事に回されてしまうこともあります。

もう1つの理由としては、実績や経験を買われて仕事を変えられることです。30代になれば前の仕事の経験や実績がある人もいるはずです。もし会社の欲しい経験や実績を持っている場合、希望した仕事ではなく、前と同じ仕事にされてしまうこともあります。

しかし、自分としては希望した仕事ではないので、転職しても仕事にやりがいを感じられないことになることもあります。そのため、採用された後も仕事内容については確認をしておくことが大事です。

30代で転職を成功させるスキルとは

30代で転職を成功させるにはスキルを習得しておく必要があります。どのようなスキルがあれば転職に有利となるのか以下の点を確認してみることができます。

やりたい仕事があるならスキルを習得する

やりたい仕事があるならスキルを習得しておくことがおすすめです。スキルを習得しておくなら、仕事を直ぐに覚えて戦力として見てもらいやすくなるからです。

例えば、自分がIT関係の仕事をしたいなら、プログラミングやウェブ関係の資格を取得しておくとスキルを証明することができます。言語に関係した仕事をしたい場合は、語学のスキルとしてTOEICで高い点数を獲得しておくと、良いアピールとなります。

30代で転職するなら、スキルを習得しておくことで採用される確率はアップします。スキル覚えて習得できそうであれば目指してみましょう。

仕事で役立つスキルを面接でアピール

転職の際に、仕事で役立つスキルを面接の際にアピールすることもできます。仕事で役立つスキルというのは、自分の実績や経験を通して得たビジネススキルをアピールすることです。

例えば、何かプロジェクトに加わった経験があるなら、チームと連携するためにコミュニケーション能力には自信があることをアピールできます。何かを企画したことがあるなら、リーダーシップやマネジメント能力に関してアピールすることができます。

仕事で役立つスキルを証明するためには、「仕事でどんな役に立ったのか」という点を交えてアピールすると説得力を増します。30代であれば仕事の経験を生かしたスキルをアピールできる部分があるはずです。

その点をアピールすることで転職の成功率は上がります。

プライドを捨てて謙虚な気持ちを持つ

30代であれば経験があるので、やり方や考え方もある程度固まってきているはずです。しかし、やり方や考え方にこだわりを持ち出すと、プライドが高いように思われてしまい、転職に悪影響が出てしまうこともあります。

そのため、30代であれば小さいプライドは捨てて、謙虚な気持ちを持つことが必要です。謙虚な気持ちは面接のときに表現することができます。例えば

・言葉使いを丁寧にする

・自分の考えを押し付けるように話さない

・困ったときに嫌な顔をしない

などです。プライドが高い部分が現れると「扱いにくい」と思われてしまい、転職がスムーズにいかないことがあります。そのため、謙虚な姿勢で面接の臨んでください。これも、1つのスキルです。

30代の転職は今の仕事をしながら見つけよう

30代で転職を行うときは、今の仕事をしながら転職を行うことがおすすめです。仕事を辞めて転職先を探すなら、転職が長期で難航したときに収入が入ってこないことになります。

そうなると、生活が苦しくなりますね。仕事をしながら転職先を探せば収入は確保でき、転職先が見つかれば今の仕事を辞めても、そのまま転職先で仕事を続けることができるので、収入は安定します。

30代であれば計画的に転職することが大事なので、転職探しも上手に行っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました