スポンサーリンク

スポンサーリンク

転職の志望動機の書き方とは?書く内容を充実させよう

転職
スポンサーリンク

転職をするときは自分の希望した企業や仕事に就きたいものです。自分の希望した仕事に就くためには転職の面接の準備をすることも大事ですが、志望動機を書くことも大事です。

面接をする前に企業は自分の履歴や資格、志望動機を確認します。志望動機をしっかり書くことができていれば転職するときに採用される確率が上がります。

「志望動機はどのように書けばいいの?」と悩む人もいるはずなので、内容を紹介していきます。

転職の良い志望動機の書き方とは

志望動機を書く場合、できれば「良い内容を書いて採用担当者に100%アピールしたい」と思いますね。志望動機を書くときには押さえておくポイントがあります。どんなポイントを押さえることができるのか紹介します。

自分を採用するメリットを書く

転職をするときの志望動機として、自分が会社を選んだ理由を書くはずです。自分が会社を選んだ理由として会社の魅力を書くことが多いかもしれません。

もちろん、自分が魅力を感じた部分は、正確に志望動機として記載することに問題はありません。

しかし、会社の魅力だけを書くのでは不十分です。自分を採用することによって「どのようなメリットがあるのか」という点を書くことで志望動機の内容は大きな説得力を持つようになります。

例えば、以前の職場でプログラミングスキルについて実績があるなら、プログラミングスキルを駆使してシステムの構築の効率化に貢献できることをアピールできます。

会社員として長年のキャリアを積んでいるなら、経験を生かしてプロジェクトをまとめる能力があることを志望動機に書くことができます。

会社にどのような貢献ができるかを書くことができれば、志望動機の内容は説得力を持つようになり、採用の可能性が高まります。

自分のやりたいことを書く

転職の志望動機では自分のやりたいことを書くことも大事です。自分のやりたいことを志望動機に書くことで「仕事に対してやる気がある人」という見方をしてくれます。

転職を希望するなら応募した仕事に対して何か理由があるはずです。例えば、IT関係の仕事に転職するなら、「新たなプラグラミングスキルを身に付けたい」、保育士の転職なら「小さい子供に好かれるようになりたい」などです。

転職をするとき志望動機に「やりたいことを複数書くほうがいいのか?」と疑問を感じるかもしれません。志望動機は自分が本当にやりたいことを1、2個書いて深く掘り下げた方が印象として強く残るので複数書く必要はありません、

やりたいことを書くことで、自分を大きくアピールすることが可能です。

会社を受ける目的をはっきり述べる

転職をして気に入った会社を見つけたなら、志望動機に務める目的について書くことも大事です。目的があるなら向上心のある人に思われ、会社としても良い人材と見てくれます。

会社に勤める目的はいろいろあるはずです。例えば、

・給料目的

・スキルアップ目的

・将来を見越しての目的

・やりがい目的

などです。

目的を志望動機に書くときは、どんな目的でも自分をアピールできるように書くことがポイントです。

例えば、給料目的であっても「自分のさらなる能力の向上のためには費用がかかります。仕事をして自分への能力向上のために投資をし、会社に貢献することができれば良いと思っています。」

と書くならば、給料目的でも自分の能力向上で会社に貢献することをアピールしているので、志望動機の目的として強い印象を残せるかもしれません。

志望動機の書き方で目的を書くことで転職への成功の可能性が上がります。

転職で志望動機を書くときの注意点

志望動機を書くときには注意点があります。注意点を考慮しておくことで志望動機の内容がマイナスにならなくなるので紹介しましょう。

NGワードを書かない

志望動機を書くときにNGとされている言葉があり、その言葉をそのまま書くと悪い印象となってしまうことがあります。

NGワードとしては

・待遇面が他社と比較して良い

・給料が高い

・福利厚生が充実している

です。転職をする決め手となる条件ですが、このワードを直接志望動機で書くと会社としては良いイメージではありません。他にも魅力があるなら、別の理由で志望動機を書くことがおすすめです。

他の理由でうまく志望動機を書くのが難しいなら、少し変化を付けて書くことができます。例えば「福利厚生面では仕事を成功させた分、ボーナス制度が充実しており、正しく仕事を評価してもらえる点で魅力を感じました。」

というように変化できるかもしれません。志望動機を書くときは表現方法に注意しておきましょう。

丁寧な文字で書く

志望動機を書くときは丁寧な文字で書くようにするのが大事です。志望動機を書くときに良い内容を書いていたとしても、文字を雑に書いていれば担当者は文字が読みにくく内容をうまく理解できないことがあります。

また、雑に文字を書いてしまうと「仕事も雑にされるのでは」と文字から悪い印象を与えてしまうこともあります。そのため、あまり雑に文字を書くことは避けておいた方がいいです。

達筆のような文字を書く必要はなく、文字がしっかり読めるように丁寧に書くので問題はありません。焦らずに落ち着いて志望動機を書くようにしてください。

志望動機の内容を充実させておこう

転職をするときは志望動機の書き方にも注意しておきましょう。志望動機は書く内容によって転職するときに有利に働きます。志望動機で自分を採用するメリットややりたいこと、目的について書くなら担当者にも良い印象を持ってもらうことができます。

転職の志望動機により転職の成功率が上がることもあります。志望動機に書く内容を考えて、転職を成功できるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました