スポンサーリンク

スポンサーリンク

副業で仮想通貨投資を始める!稼ぐためのポイントや注意点とは?

副業
スポンサーリンク

「何か簡単に副業を始めたいな」と思う人もおられるかもしれません。

本業に悪影響が出ない副業を始めたい方も多くおられますが、副業を始めてしまうと本業に影響が出てしまうこともあるので、その点を心配してしまうこともあるはずです。

本業で悪影響が出ない副業は投資がおすすめですが、投資にもいろいろな種類があるので、「どれにしようか?」と迷ってしまいますね。

副業の投資方法で仮想通貨の投資を考えている人もいるはずなので、内容を紹介していきましょう。

副業で仮想通貨がおすすめの3つの理由は

副業として仮想通貨を始めるのときにおすすめできる理由があります。

どのような点でおすすめできるのか3つの点を紹介しましょう。

簡単に始めることができる

仮想通貨は誰でも簡単に始めることができます。

仮想通貨での取引を始めるためには、仮想通貨の取引所に登録して口座を開設する必要がありますが、口座開設は10分ほどの時間で開設することができます。

さらに、仮想通貨の口座開設をした後は

・取引所にお金を入金する

・仮想通貨を選ぶ

・購入量の入力

で仮想通貨を購入することができ、とても簡単です。

さらに、仮想通貨の取引画面もシンプルで分かりやすくなっており、取引方法は基本的に購入するのか売却するのかのどちらかなので、取引方法も難しくありません。

初心者でもどこを操作すれば良いのか一目で分かるのです、投資の初心者でもやりやすいです。

ネットがあれば行うことができるので、副業として始めやすいと言えるでしょう。

短い時間で取引ができる

仮想通貨は短い時間で取引を行うことができ、長時間パソコンやスマホを見ている必要はありません。

仮想通貨のレートを見て、「どの仮想通貨が今後上昇していくのか」という点を確認するのみなので、5分もあれば取引を終えることができます。

取引をした後は仮想通貨の価格が上昇するのを待つのみであり、何か他の操作を行う必要もありません。

仮想通貨の価格は毎日変化するので、毎日確認はしておくことが大事ですが、隙間時間で確認をするだけでいいので、トイレ休憩や昼休みのタイミングで仮想通貨を確認してみる程度で大丈夫です。

FXと違い本業のときに価格が大きく下落ちすることはないので、本業のときに気が散らされることもなく、本業に集中することが可能です。

短い時間なので、副業で忙しくなり本業に悪影響が出ることもありません。

少額から投資できる

仮想通貨の投資は少額から始めることができ、大きな資金を集める必要がありません。

仮想通貨は種類や取引所によって投資できる額は違うものの、1番有名なビットコインでも500円から投資をすることができ、利益を確認してみることができます。

また、ビットコイン以外のアルトコインであれば100円から投資できるものもあり、リスクを抑えて投資をすることが可能です。

「仮想通貨がどのような変動をするのか」と仮想通貨に対して知識や経験がなくても、少額から投資をすることができるのなら様子を見ながら投資をしていくことができます。

また、たとえ損失が出たとしても少額であれば大きな影響は出ないので、安心して取引を行うことができます。

試しに投資をしてみたい方も、試しやすさがあるはずです。

仮想通貨の投資をする際の2つの注意点

「仮想通貨で投資を始めよう」と思うなら、投資をする点で注意しておくことがあります。

どのような点を注意すべきなのか紹介しましょう。

価格は大きく変動する

仮想通貨は価格変動が大きく、急激に上がったり下がったりするので不安定です。

例えば、仮想通貨で人気のあるビットコインは2017年に1ヶ月で100万円ほど価値が上昇しましたが、数ヶ月で130万円以上も下落ちするなど、価格の急激な上げ下げがあり、この変動の大きさに価格の相場が読みづらい点があります。

仮に、ビットコインの価格が100万円のときに1つ購入するとして、110万まで上昇すれば10万円の儲けとなりますが、80万円まで下がれば、20万円の損失になります。

その後も100万円まで価格の変動で到達しないなら、ずっと損失状態となり利益を得ることができません。

急激に価格変動するので、ハイリスクハイリターンとなっています。

ハッキング被害があることも

仮想通貨はセキュリティ対策をしているとはいえ、ハッキングされる危険性も高く、自分の購入した仮想通貨がハッキングされて盗まれてしまうこともあります。

海外の取引所ではハッキングによる被害も出ており、何百億という被害を出したこともあります。

自分が使用している取引所でハッキング被害が出てしまうなら、自分の投資したお金が戻ってこなくなることもあるので、注意しておかなければなりません。

取引所によってはハッキングの際に補償をしているところもあるので、万が一のためにも補償のある取引所で仮想通貨の投資を行うのが安全でしょう。

副業で仮想通貨を利用して稼ぐための2つのポイント

副業として仮想通貨で収入を得ていくためには稼ぎ方のポイントを知っておくことが大事です。

価格変動が激しい仮想通貨ですが、ポイントを抑えておけば稼ぐことが可能なので紹介しましょう。

SNSで情報を集める

仮想通貨で稼ぐにはSNSの情報を集めていくことが大事です。

仮想通貨に関する導入やハードフォーク、企業や投資家の見方など、1つの情報で仮想通貨の価格は大きく変動することがあります。

特に有名投資家や仮想通貨投資に積極的な企業が発信している情報は、仮想通貨の値動きに大きな影響を与えることが多いです。

SNSの情報収集はTwitterを利用すると、早く知ることができ、その情報がどう仮想通貨の値動きに関係するのか分析することができます。

仮想通貨の値動きについてSNSで情報を集めるようにしましょう。

無名の仮想通貨に投資

仮想通貨の種類は100種類以上あると言われており、誰も知らないような草コインと言われる仮想通貨も多くあります。

仮想通貨の価格は知名度も関係しており、有名な通貨であればビットコインやイーサリアム、ライトコインなどがあります。

その有名な仮想通貨に投資するのも1つの方法ですが、有名ではない仮想通貨が「将来的に価格を上げる」と予想して投資をしておくこともできます。

い例えば今は10円ほどしかない仮想通貨が2〜3年後に100円まで上昇すると90円の利益となりますが、10円のときに100枚購入していたなら、9000円の利益となります。

草コインと言われる仮想通貨も何がきっかけで価格が上昇するのか分からないので、自分が「これだ」と思う仮想通貨の投資をして将来的な価格上昇を予想するのもいい方法です。

投資に慣れているならレバレッジ取引も行ってみる

仮想通貨の購入を行うことも1つの方法ですが、レバレッジ取引をして、さらに利益を追求することも可能です。

レバレッジ取引とは少ない資金でも大きな取引をすることができる取引となっており、レバレッジの倍率によって利益と損失が変わってきます。

例えば、手元の資金が10万円でレバレッジ倍率を2倍にすると、20万円の取引を行うことができます。

仮に価格が10%上昇すれば、普通であれば1万円の利益ですが、レバレッジ取引であれば2万円の利益を得ることができます。

もちろん、10%下落ちすれば2万円の損失となるので、リスクはありますが、大きなリターンも狙うことができます。

副業として仮想通貨の価格変動が予測できそうなら、チャレンジしてみることもできます。

まとめ

仮想通貨を副業として始めるのはいいことハイリスクハイリターンの部分があるので、投資金額には注意しておくことがいいでしょう。

自分の可能な資産の範囲内で、まずは少額から投資をしてみて、慣れてくれば徐々に金額を増やすのが安全です。

同時に情報収集も価格の上昇か下落ちかの分かれ目になるので、行うようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました